オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » 中国のオフショア開発事情 » 中国のオフショア開発のデメリット

中国のオフショア開発のデメリット

中国でオフショア開発を行うデメリット

人件費の高騰

これまで中国は人件費が極端に安いというメリットがあり、オフショア開発に向いているエリアと言われていました。しかし近年、急速な経済発展に伴い人件費の高騰がデメリットになっています。特に高度な知識や技術が必要とされる分野においては著しい高騰ぶりで、分野によっては日本とほとんど差がないこともあります。そのため中国でのオフショア開発による魅力がなくなり、中国から撤退する企業も現れてきているようです。

反日感情

中国で度々問題になるのが反日感情です。中国の政情によって国民の反日感情が大きく左右されるため、過去には日本製品の不買運動などが起こるだけではなく日本企業が襲撃を受けたこともありました。そのため、そういった国民感情があることもオフショア開発を行う上で考えておかなければならないことでしょう。

国民性の違い

中国と日本は近隣国でありながら、国民性は全く違います。中国には責任範囲を明確にする考え方があり、自身に与えられた範囲の仕事をキッチリ行う国民性です。一方、日本は責任の範囲を曖昧にする傾向にあり、与えられた仕事だけでなく空気感を考えて仕事を行うでしょう。どちらが良いのか悪いのかではなく、考え方が違うため、そのことを理解した上で中国人と仕事を行うように心がけましょう。

人材獲得競争が激化中

中国国内ではIT市場が盛んになってきており、海外から受託されるだけでなく、自国でのシステムを開発する企業も増加してきています。それによってエンジニア数も多く求められるようになり、高いレベルでITの知識を有する人材は、不足傾向にあります。エンジニアを獲得するための競争が激化し、より高い条件を提示しなければ獲得が出来ない現状があるでしょう。そのため中国でのオフショア開発を進める前に人材が十分に確保できるか把握することが重要になってきます。

情報共有意識の低さが招く、認識のズレが起こりがち

日本において報告・連絡・相談は、新人に対し最初に教えるビジネスの基本でしょう。しかし中国も同じ認識を持っている訳ではありません。情報を共有する認識が低いと言われており、日本と比較すると会社全体で報告しあうという機会はあまりないと言われています。そのため情報がしっかり伝わっていない、認識にずれがあるなどと言った状況も起こりかねません。そのため日本で通じた常識を当然とは思わずに、進捗状況などは都度具体的な確認を取ることが大切になってきます。

中国のオフショア開発について考察

経済発展に伴い、人件費の高騰や人材確保の難しさなど、オフショア開発におけるデメリットもあるでしょう。さらに反日感情など政情によって、日本に対する感情が左右されてしまう現状もあります。しかし日本語が話せる方も多く、時差も少ないなど、オフショア開発のメリットも多い国です。そのため、しっかり中国国内の事情を把握した上で、中国でビジネスを行うのかどうか慎重に検討してください。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE