オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » 中国のオフショア開発事情 » 中国の風土や国民性による働き方の違い

中国の風土や国民性による働き方の違い

中国イメージ

中国は古くから日本のオフショア開発先として人気の国ですが、中国でのオフショア開発を成功させるには、中国の文化や風土、またそれに根ざした中国人の国民性や働き方などを充分に理解しておくことが不可欠です。そこで、ここでは中国人の仕事観や中国人エンジニアの特徴などを解説します。

日本と中国の働き方の違い

合理的でシビアな判断をする中国人

日本人と中国人は同じく漢字文化の国であり、歴史的にも関係が深いため、一見すれば似ているように思う人もいますが、ことビジネスに関していえば日本人と中国人の間には大きな違いが存在します。

まず、中国は広大な国土を持っており、様々な民族や思想があるものの、基本的に都市部で働く中国人には非常に合理的でシビアな判断をするという特徴があります。

例えば、中国人は事前に決められていること以外の作業をせず、自分の仕事でないと判断すれば問題があっても平然と無視することが少なくありません。というよりも、そもそもそれを「問題」だと認識していないと考えるべきでしょう。また、余計な作業をしてトラブルやリスクの可能性を上げることも極端に嫌います。

そのため、日本人の目には時に中国人がとても無責任で、自分勝手なように映ることもあります。 ただし、その一方で中国本土では労働者の弱みにつけ込んで、労働法を無視した過剰労働が常態化されていることもあり、2019年には「朝9時出勤・夜9時退社・週6日労働」を表す「996問題」を若いプログラマーらが告発したこともありました。

中国人の仕事観はまず「お金」

非常に合理的で無駄を嫌う中国人だからこそ、彼らにとって「仕事」とはつまり「お金を稼ぐ手段」です。

そのため、お金を稼げないと判断すれば彼らがその仕事を継続することもありません。

また、余分な仕事をしても受け取れるお金(給料)の額が変わらないとなれば、彼らが残業や契約外の仕事を請け負うこともないでしょう。当然ながら、日本企業のように自発的に早く出勤して仕事の準備を整えるといったことも行いません。

しかし言い換えれば、「お金を稼げる」と判断すれば中国人は貪欲に能力を向上させてキャリア形成を行う傾向もあり、技術者として優れた人材が多いことも事実です。

日本と中国における休日の違い

中国の祝日は政府が決定する

そもそも中国では固定の祝日が少ない上、旧暦によって変動する祝日もあります。そして中国では、その祝日に関しても政府(中国国務院)が年末に翌年分を決定するというシステムがあります。 そのため、中国で重要な日本の旧正月に当たる連休期間も、確実に判明するのは前年の12月頃という形です。また、祝日の連休と土日が重なった場合は別の日に振り替えられるため、出勤カレンダーや祝日カレンダーは常に細かくチェックすることが必要です。

中国人エンジニアの技術力

膨大な人口を基盤にした技術力

そもそも中国は、日本の総人口の10倍以上に当たる約14億人という圧倒的な人口を誇っており、ある意味で人材の宝庫であるともいえます。また、自分にメリットがあれば意欲的に学ぼうとする中国人エンジニアには、グローバルスタンダードで優秀な人材も少なくありません。

しかし、一方でやる気のない中国人エンジニアもおり、オフショア開発では委託先にどのような人材が所属しているのか、具体的なデータを参考にきちんと確かめておくことが必須です。

中国人エンジニアの給料

待遇が悪ければすぐに転職

中国人は自分のスキルや実績に見合った賃金を求めます。そして彼らは給料の額が自分にマッチしていないと感じれば、別の会社へ転職することを躊躇いません。

そのため、優れた中国人エンジニアほど高い給料を得ており、企業間の人材獲得競争も過熱しています。実際、近年は中国人エンジニアの人件費高騰によって、オフショア開発のコストメリットを得られなくなり、中国から撤退する日本企業も増えています。

オフショア開発最大のメリットは、日本よりも安いコストでシステム開発などを行えることであり、人件費について冷静に試算することはオフショア開発成功の絶対条件です。

まとめ

非常に合理的でシビアな考え方をする中国人だからこそ、自分にとってメリットがあると分かれば技術を磨いて能力を高めていく努力も惜しみません。また、そもそも人口が膨大で、優秀な人材が多いことも事実です。

一方、人件費の高騰も続いており、中国でのオフショア開発を成功させようと思えば、成果物の質やチャイナリスクも踏まえた上で、コストパフォーマンスを冷静に計算することが重要です。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE