オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » エチオピアのオフショア開発事情

エチオピアのオフショア開発事情

エチオピアイメージ

エチオピアにおけるオフショア開発を得意とする業種&オススメ企業

株式会社GAX

アフリカのエチオピアを拠点として、AI産業に特化したオフショア開発を行っている企業です。東京本社とエチオピアの研究開発企業「iCog Labs」が連携しており、必要な営業やプロジェクトマネジメントは全て日本側で、日本語で行うことが可能です。

社名 株式会社GAX
所在地 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館9F
代表者 秋間信人
設立年 2018年
従業員数 10人未満
日本語技術者の在籍数 不明

株式会社GAXの
公式HPでさらに詳しく

エチオピアにおけるオフショア開発の特徴

最貧国からアフリカトップの成長国へ

エチオピアは近年まで内戦や飢餓といった問題を多く抱える国であり、世界最貧国の1つでもありました。しかし、現在は政治が安定して治安も維持されており、国全体で見ればアフリカでもトップクラスの経済成長率をキープしている国となっています。

エチオピアにおけるオフショア開発の風土・国民性

人口の半数以上が若者

エチオピアは人口が急増しており、1億人を超える人口の内、半数以上が30代以下という若者主体の国家です。また、農業国家から産業国家へとシフトしようという意欲が高く、その活力とエネルギーには目を見張るものがあります。ただし、一方で国民間の経済格差も問題になりつつあります。

エチオピアにおけるオフショア開発の人件費相場とは

人件費は非常に安い

まだまだ発展途上にあるエチオピアは、未だに人件費も非常に安いのが現状です。しかし、それでいて意欲的な若者が多くおり、オフショア開発を考える企業にとっては魅力的といえるでしょう。

エチオピアにおけるオフショア開発のメリット

今後の発展と将来性に期待

エチオピアの成長はめざましく、今後はアフリカ最大のオフショア開発拠点の1つになると予想する専門家も少なくありません。そのため、早い段階からエチオピアで地盤を築いておけば、将来的に有利な環境でビジネスを続けられる可能性も高まります。

エチオピアにおけるオフショア開発のデメリット

成功事例や進出企業が少ない

大規模なオフショア開発を行っている国や企業がまだ少なく、具体的な成功事例やノウハウといった参考データが不足している事実は否めないでしょう。

エチオピアはアフリカ最大のオフショア開発拠点になれるか…

わずか30年足らずでアフリカ最大の成長率を実現させたエチオピアは、若者の力に支えられながらさらなる発展へ意欲的です。彼らが充分な技術や経験を身につける頃、エチオピアはアフリカ大陸で有数のオフショア開発拠点へと成長しているかも知れません。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE