オフショア開発ガイド » インドネシアのオフショア開発事情 » インドネシアのオフショア開発のメリット

インドネシアのオフショア開発のメリット

インドネシアイメージ

インドネシアはオフショア開発が進んでいるエリアの一つです。なぜインドネシアが多く選ばれるのか、それは多くのメリットがあるからでしょう。どのようなメリットがあるのか確認していきましょう。

インドネシアでオフショア開発を行なうメリット

コスト面で有利

オフショア開発を行う理由として、日本で業務を行うよりもコストダウンが見込めるからでしょう。中でもインドネシアの人件費は、他の発展途上国よりも有利な状況で、コストパフォーマンスが非常に優れていると言えます。開発費用を圧縮したい企業にとって大きなメリットをもたらしてくれるでしょう。

安定感して人材を確保できる

オフショア開発において最も不安になる点が、人材がしっかり確保できるかどうかでしょう。どんなに人材が確保できても、すぐに退職するような状況であれば、人材を育てることができなくなってしまいます。インドネシアの場合、同じ職場で仕事を継続する人が比較的多い傾向があるようです。そのため安定した人材を確保でき、人材を育てる環境も整っているでしょう。このような環境があれば、オフショア開発に適したエリアと言えます。

人口が多い

インドネシアは発展途上国の中でも人口が多い国の一つです。オフショア開発を行うためには、人材確保が重要になります。インドネシアでは人材確保も比較的にスムーズに行うことができるため、非常に行いやすい国と言えるでしょう。

また既に多くの企業が進出しているような国では、どんなに人口が多くても開発のための人材確保が難しくなります。しかしインドネシアは、まだ進出している企業は少ないです。そのため人材確保が容易となり、迅速に開発力の確保に動く事ができます。

インドネシアでのオフショア開発を考察

人件費を抑えるというオフショア開発の大きな目的を達成することができることに加えて、インドネシアでは、Facebookやモバイル普及率が高いため、SNSやモバイル開発も盛んに行われているおり、これらの開発には適していると言えます。また、親日国であることもオフショア開発をスムーズに進める上で重要な要素になっています。

しかし、インドネシアのエンジニアの技術力が高いとはいえない現状もありますので、この点には注意が必要です。今後の開拓余地が残っていることや安価に人材の確保ができる点がインドネシアの最大の魅力となっています。

インドネシアのオフショア開発事情をもっと知る

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE