オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » 企業が目指すべき理想の「オフショア開発」とは

企業が目指すべき理想のオフショア開発とは

地球

オフショア(offshore)とは、「off(離れる)」+「shore(岸)」で陸風、もしくは海外のこと。事業の一部、または全体を海外に委託することを、オフショアリングといいます。その中でも特にシステムやソフトウェアの開発を海外に依頼するのが「オフショア開発」です。コスト削減や人材確保のために注目を集めているオフショア開発について、メリット・デメリットや近年の動向、導入の注意点などをご紹介します。

オフショア開発のメリットは、
本当に「コスト削減」なのか

低コスト追求の先にあるのは、コストの肥大化…?

オフショア開発のメリットとして一般的に言われているのが、コスト削減を実現できること。オフショア開発の委託先として人気の東南アジア諸国の多くは日本よりも人件費が安く、コストを抑えた開発ができるとされています。しかし、低コストで開発を推進した先に待っているのは、日本企業側の詳細な指示や膨大なチェック・修正作業などのコストの肥大化。

コストメリットを最大化するパートナー作りに必要なこととは

日本企業が求めるクオリティの期待値は世界的に見ても高く、それを技術力が発展途上の国のエンジニアにいきなり求めるのは、とても骨の折れる仕事になります。とはいえ、インドやベトナムなどは国を挙げてIT教育に力を入れ、日本と比べても遜色ない高い技術力をもった人材が増えており、委託側の企業がロイヤリティの向上やモチベーション管理、そして教育環境の整備に力を入れることで、最強のパートナーを作り上げることは可能です。「投げっぱなし」にせず、委託側と二人三脚で品質向上を追求することが、最終的にオフショア開発のメリットであるコストメリットを実現できるのです。

オフショア開発の単価相場
について詳しく

オフショア開発で人気の国

中国、インド、ベトナムは日本企業にとって三大オフショア開発拠点として知られていますが、近年は人件費の高騰や法規制の変化などから撤退を検討する企業も増えています。その一方、フィリピンやミャンマー、タイ、バングラデシュ、インドネシアといった東南アジアの国々もIT分野へ精力的に進出してきており、日本だけでなくアメリカやヨーロッパなどでも、オフショア開発の委託先として人気を集めているという実態があります。

オフショア開発で人気の国
について詳しく

オフショア開発のデメリットに、
対症療法は通用しない

オフショア開発にネガティブイメージを植え付けているのは…

当然、異なる言語や文化を持つ委託先の企業では、納期やクオリティへの意識も日本企業のそれとは異なります。実際に、納期遅れや納品後の膨大なチェック作業など、オフショア開発がうまくいかなかった事例はこれまでも多々あり、それがオフショア開発のデメリットとしてネガティブイメージを持たれています。そしてそのネガティブイメージにとらわれている企業の多くが未だオフショア開発を尻込みしているのです。

委託側のマネジメントが高品質・低単価のオフショア開発を実現する!

しかし、これは当たり前のことと言わざるを得ません。現地のスタッフからすれば、営業現場の第一線を見たこともなく、納期遅れがもたらす最悪のシナリオを想定できない。また完成形を知らされないサービス ・ツールの一部を仕様書に則って作り上げてく中で、クリエイティブな発想や目的意識は醸成されるわけがない。だからといって諦めるのは早計であり、成功する企業はこの辺りをうまくマネジメントすることで現場のスタッフに納期意識や品質意識を醸成し、高品質かつ低単価のオフショア開発を実現させているのです。

頭を抱える女性

オフショア開発のメリット
デメリットについて詳しく

IT人材不足に悩まされる
日本国内のオフショア開発の現状

「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(経済産業省)によると、日本のIT人材不足は2015年時点で約17万人にものぼります。採用難に苦しむ企業が増える一方で、IT化の波はとどまることを知らず、優秀なエンジニアを求める企業は増え続けているのが現状。そんな状況なので、当然オフショア開発を導入する企業は増えています。国別では中国、インド、ベトナムが特に人気。数多くの開発拠点が設けられています。開発形態では、期間を決めて技術者を集め、チームを作るラボ型開発が人気です。

60万人近くの人材不足対策へ…?
今後のオフショア開発の動向

「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(経済産業省)では、2030年時点のIT人材不足は約59万人とされています。今後ますます深刻化していくエンジニアの採用難に対して、オフショア開発でIT人材を確保する動きが主流になりつつあります。従来のオフショア開発のメリットは「コスト削減」と言われてきましたが、これからのオフショア開発は「優秀な人材の確保」になるとの見方もあります。

今後のオフショア開発の課題
について詳しく

オフショア開発導入の第一歩目は
「見積もり」ではない?

オフショア開発導入の第一歩目に相見積もりを行う企業は多くあります。至極当然のように思えるかもしれませんが、コストメリットのみの追求は、品質に問題のある納品物によるチェック・修正作業をはじめとする、さらなるコストの肥大化を招く恐れがあります。では、どのような導入の流れが適切なのでしょうか?失敗しないために抑えるべきポイントを3つあげていきます。

  • 委託する業務を選ぶ
  • 委託期間の長さに合わせた契約形態(受託型・ラボ型)を選ぶ
  • 自社のキャパシティに合わせて、プロジェクトマネジメントの整備状況(日本語技術者・ブリッジSE)を確認する
  • コミュニケーションをとる言語を選ぶ
  • クオリティの期待値に合わせて国・企業を選ぶ

ひと口にオフショア開発といっても、国によって言語やITスキルのレベルは異なりますし、企業によって対応している契約形態や開発の進め方、環境も異なります。例えば、英語によるコミュニケーションを求めている企業は、公用語が英語のフィリピンやシンガポールといった選択肢が妥当になります。あるいは、長期的な関係性の構築を想定し、ある程度のプロジェクトマネジメント・教育を自社内で行うキャパシティがある企業は、日本語技術者やブリッジSEがいる企業を選ばなくても問題ないと判断しても問題ないわけです。単純に見積もりを出してから妥協点を探すのではなく、自社にとって本当に必要な要件を洗い出してから国と企業を選ぶことが、成功のカギとなるでしょう。

橋

オフショア開発の流れと進め方を理解すべき

オフショア開発を成功させるには、開発国の文化や風土、現地エンジニアの国民性やライフスタイルなどを把握することが重要です。しかしそれと同時に、そもそもオフショア開発の基本的な流れや仕組みを理解した上で、プロジェクトや契約方式に合致した進め方を適切に実践することが欠かせません。そこでまずはアプリ開発を例にして、オフショア開発の流れや進め方を確認していきましょう。

オフショア開発の流れと進め方
についてさらに詳しく

オフショア開発における仕様書作成

オフショア開発企業を選ぶ際のチェックポイントは?

歴史も文化も異なる国でオフショア開発を成功させようとすれば、まずは自社プロジェクトにマッチしたオフショア開発企業を選ぶことが必須です。しかし、オフショア開発企業を選ぶ上で注目すべきポイントはいくつもあり、その優先順位をきちんと押さえておくことも重要です。企業の開発実績や日本企業との取引実績、日本とのコミュニケーション面、エンジニアの質と量といった様々なポイントについて、詳しく把握しておきましょう。

企業を選ぶ際のチェックポイント
についてさらに詳しく

見落としてはいけないお金とは?
オフショア開発と税金の話

ソフトウェアなどの開発をオフショアで行った場合の委託料については、源泉徴収は不要だと考えられています。ただし、プログラムは著作権で保護される対象のため、著作権の譲渡についてよく確認しないと、使用料が必要になる可能性があります。国によって税や著作権の扱いに大きな違いがあるので、委託国の税制度について事前に確認しておきましょう。

オフショア開発成功のキーパーソン?
ブリッジSEとは

ブリッジSEとは、日本と海外の現場の橋渡し役を担うエンジニアのこと。言語・文化の違う人々と共同してプロジェクトを進める上で欠かせない、重要な役割です。ブリッジSEには、技術的な知識にとどまらず、チームをまとめられるコミュニケーション能力や日本と現地の言語・文化への深い理解が必要とされています。プロジェクトマネジメントを自社内で行うキャパシティのない企業は、優秀なブリッジSEを確保することがオフショア開発を成功に導くカギとなります。

握手

ブリッジSE
についてさらに詳しく

2つの形式をどう選ぶ?オフショア開発の契約種類

ラボ型-専用チームで安定したオフショア開発-

オフショア開発における「ラボ型契約」とは、別名「ODC(オフショア開発センター)」と呼ばれることもある、「期間単位で発注する仕事量を保証した契約形態」のことです。いわば「自社専用の開発室を現地に作る」仕組みで、自社専用の人材を継続して確保できるため、定期的に案件がある場合に適しています。また、継続して同じメンバーが開発を担当するので、自社の文化を理解してもらえるほか経験が蓄積され安定した開発が行えるのがメリットです。

ラボ型開発の
メリットについてさらに詳しく

受託型-初めてでも狙い通りのオフショア開発-

「受託型契約」は、「プロジェクト単位で発注する契約形態」です。プロジェクトごとに契約するので、単発の開発に向いています。ラボ型開発ではクライアント側がプロジェクトマネージャーを用意する場合が多いですが、受託型開発でのプロジェクト管理は主に開発企業側が責任を持ちます。自社で開発経験がない場合には、受託型開発の方が要件通りの成果を得られる可能性が高くなります。

受託型の
メリットについてさらに詳しく

オフショア開発においてアジャイル開発は有効なのか?

アジャイル開発とは、ソフトウェア開発の分野で新しく提案されている研究開発の方式です。最初に製品の仕様についてきちんと計画を立てて、それに従って製品を開発・製造し、完成後にリリースするといった「ウォーターフォールモデル」と呼ばれる従来の方式に対して、アジャイル開発では常に開発・実装・検証などを繰り返しながら完成まで突き進みます。さて、オフショア開発にアジャイル開発は有効なのでしょうか。

アジャイル開発
についてさらに詳しく

オフショア開発におけるハイブリッド開発の有効性とは?

オフショア開発において、計画的に開発を進めるウォーターフォールモデルと、柔軟性に優れた開発スタイルであるアジャイル開発の、両者を融合させたハイブリッド開発に注目が集まっています。さて、それではハイブリッド開発が有効な案件はどのようなものでしょうか。

ハイブリッド開発
についてさらに詳しく

オフショア開発で用いるプログラミング言語の特性とコスト

プログラミング言語には複数の種類があり、特性も異なります。また、どの言語を使えるかはエンジニアによって差があり、高度な言語を扱える人材はコストもかかるでしょう。そのためプロジェクトとプログラム言語の相性を事前に把握しておくことが重要です。

プログラミング言語の特性とコスト
についてさらに詳しく

オフショア開発におけるBPOサービスとは?

BPOとは「ビジネス・プロセス・アウトソーシング」の略であり、社内業務における一連のプロセスを、社外の専門会社へ長期的に委託する経営手法です。従来のアウトソーシングよりも委託業務の規模や期間が拡大しており、部門を完全外注化することもできます。近年は人件費の安い国を対象としたオフショアBPOサービスも増えている反面、情報漏えいや人件費高騰といったリスクもあり、冷静に事業者の選定を行わなければなりません。

オフショア開発におけるBPOサービス
についてさらに詳しく

オフショア開発で見積もりを取る際の注意点

オフショア開発の目的は、国内で開発するよりも大きなコストメリットを得ることです。そしてそのためにはまず複数の会社から必要な見積もりを取って、コストについて正確に把握し、さらにリスクとバランスを考慮した上で適切な委託先を選定することが欠かせません。オフショア開発における見積もりの取り方や、安かろう悪かろうにならないよう注意すべきポイントを理解しておくことは、オフショア開発を成功へ導くために必須です。

オフショア開発での見積もりの注意点
についてさらに詳しく

オフショア開発と言語の問題

オフショア開発において最重要課題の1つが、どれだけ現地との意思疎通を円滑かつ正確に行えるかどうかであり、言語の違いによるコミュニケーション不足は非常に大きなリスクです。そのため、オフショア開発では日本語と現地の両言語に精通し、適切に開発状況を管理できる人材が欠かせません。また、日本語能力の目安としては、過去の日本企業との取引実績や、日本語能力試験(JLPT)の結果といった客観的な指標が役立ちます。

オフショア開発と言語の問題
についてさらに詳しく

IT関連のセミナー紹介

デジタル化が進み、急速に新しい技術や市場が生まれる開発環境において、自ら情報を取りに行くことは必須です。新しい情報を効率的に得るためには、各地で行われているセミナーを受講してみるべきでしょう。

セミナーを受講することは、専門的な知識を得られるだけでなく、人脈を広げるチャンスでもあります。同じ目的を持っている者同士が集まる場であるため、おのずと会話が弾み、そこから新たな知見が得られる可能性があるのです。

オフショア開発に限らず、担当者であれば参加して損はないはずです。以下に紹介しているセミナーは今後、都内で開催ものをピックアップしています。

開催日時 セミナー名 主催 詳細URL
2020年1月14日(火) GitHub Enterpriseを活用してビジネス競争力を向上しよう マクニカネットワークス https://www.macnica.net/github/seminar_04.html/?cid=GtH181056AD-F
2020年1月17日(金) 『アジャイルに働く』-非ITな人のための、IT用語を使わないアジャイル入門 ラーニング・ツリー・ インターナショナル http://www.learningtree.co.jp/seminar/agile20200117.html?sbbit
2020年1月22日(水) ソフトウェアテスト自動化セミナー テクマトリックス株式会社 https://www.techmatrix.co.jp/es/seminar/ranorex_20200122.html
2020年1月28日(火) 古いシステムをマイグレーションしたいけど、設計書が無い 第一コンピュータリソース https://osslabo.doorkeeper.jp/events/102504
2020年1月27日(月) はじめてのスクラム【1日間・6PDU】・はじめて基礎からスクラムを学ぶ方向けの1日講座登場! ラーニング・ツリー・ インターナショナル http://www.learningtree.co.jp/public/4591.html?sbbit
2020年2月6日(木)~7日(金) アジャイル手法を使った要件の引き出しと開発 ラーニング・ツリー・ インターナショナル http://www.learningtree.co.jp/public/430V.html?sbbit
2020年3月2日(月) IT部門ではない人のためのスクラム入門 ラーニング・ツリー・ インターナショナル http://www.learningtree.co.jp/public/348P.html?sbbit

オフショア開発関連NEWS

オフショア開発の拠点は東南アジアから東欧へ?

掲載日:2020/1/10

これまでオフショア開発の委託先は、中国やインド、ベトナムが中心でしたが、各国の経済成長により賃金が高騰してきていることを背景に、アジアから脱却し、新たなオフショア開発拠点を模索する動きがでてきています。

新たな委託先として注目されているのが東欧のベラルーシです。ベラルーシは「東欧シリコンバレー」と呼ばれ、欧米ではオフショア開発の委託先として知られています。

日本国内ではベラルーシを拠点としてオフショア開発に乗り出している企業は現在のところ見受けられませんが、今後、注目すべき国であることは間違いありません。

参照サイト:ビジネス+IT(SBクリエイティブ株式会社)『オフショア開発は東南アジアから東欧へ?IT立国ベラルーシの秘めたポテンシャル』2020/01/10(https://www.sbbit.jp/article/cont1/37301)

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE