オフショア開発ガイド » 企業が目指すべき理想の「オフショア開発」とは » オフショア開発においてアジャイル開発は有効なのか?

オフショア開発においてアジャイル開発は有効なのか?

   アジャイル開発

アジャイル開発は、短期間で計画・設計・開発・実装・検証といった工程を繰り返しながら、最終的な完成へと向かっていくソフトウェア開発の方式です。ここでは、アジャイル開発の特徴や、オフショア開発におけるアジャイル開発の有効性と注意点について解説しています。

アジャイル開発とは

リアルタイムで繰り返される試行錯誤

アジャイル開発とは、計画・設計・開発・実装・検証といったシステム開発の全工程を1サイクルとして、サイクルを短期間で繰り返しながら最終的な完成形へと向かっていくソフトウェア開発の方式です。

2001年にアメリカのエンジニアやプログラマーらが提唱した新方式であり、従来の方法よりも開発期間が短くなると注目されています。

従来の「ウォーターフォールモデル」との違い

最初にしっかりと仕様について計画し、それにもとづいて設計・開発を行った上で、製品を実装し検証するといった従来の開発方法は「ウォーターフォールモデル」と呼ばれており、様々な産業分野で活用されています。

それに対してアジャイル開発では、常に計画から検証を見直しつつ開発が進められるため、不具合を発見したり、途中で仕様変更が必要になったりした場合も、即座に対応することが可能です。

アジャイル開発に適している製品

アジャイル開発は臨機応変な対応力とスピード感が最大の特徴なため、常に状況に合わせて製品の見直しが求められるようなプロジェクトに適しているといえるでしょう。 例えば、モバイルアプリなどで実際のユーザーの反応を見ながらユーザビリティを高めていきたい場合や、開発途中で仕様変更が予想されているような場合、アジャイル開発が有効です。

反面、事前に明確な仕様が決定していたり、すでに稼働しているシステムを調整するだけのような場合は、従来のウォーターフォールモデルが適しているといえます。

アジャイル開発の流れ

リリース計画

まず、アジャイル開発でもウォーターフォールモデルでも、最初に製品をリリースするという計画を立てなければ始まりません。

ただし、アジャイル開発の場合は、この時点ではあくまでもコンセプトやニーズに応じて大まかな計画を立てるにとどまり、ウォーターフォールのように詳細な計画を立案することはありません。

イテレーション

大まかな計画が完成したらイテレーションという工程へと進みます。 「イテレーション(Iteration)」とは反復作業という意味を持つ単語であり、アジャイル開発における1サイクルを繰り返して、開発を進めることを意味しています。

イレギュラーな変更も臨機応変に

イテレーションの中で、クライアントからの要望で仕様変更や機能追加などの必要性が生じたり、または深刻なバグなどが発見されたりした場合、アジャイル開発ではそれを現在進行形でイテレーションに反映していきます。

アジャイル開発のメリット

常に臨機応変な対応が可能

アジャイル開発では短期間でイテレーションを繰り返すため、その都度、製品について見直せるだけでなく、不具合が見つかった場合も修正点までの復帰が容易です。そのため、時間や労力を削減でき、コストカットにもつながります。

ユーザーの満足度を高めやすい

柔軟な対応が可能なアジャイル開発は、クライアントからの急なオーダーやリクエストにもすぐさま対処できるため、結果的に顧客満足度を高めやすいという点がメリットです。

リリースまでの期間が短縮できる

不具合の修正や機能の追加などがスピーディーに行えるため、完成までの期間も短縮できる点がメリットです。

アジャイル開発のデメリット

チーム全体の連携とコミュニケーションが不可欠

アジャイル開発では、常にチーム全体が同時進行で動いていくため、必然的に各チーム間やメンバー間の連携力が重要になります。 もしも何らかのトラブルが発生した場合、コミュニケーションに不足があれば、アジャイル開発のメリットは消失し、単に計画性や統一性のない集団と化してしまうでしょう。

コンセプトが明確でないと製品が完成しない

常に最善・最良の製品を目指し続けられる点がアジャイル開発のメリットですが、言い換えれば、きちんとしたコンセプトが定められていなければ、いつまで経っても製品の完成形が見えないというデメリットもあります。

そのため、場合によってはむしろ製品開発が長引き、納期に間に合わないといった可能性もあります。

致命的なエラーに気づかず実装するリスク

設計・開発と実装・検証をリアルタイムで進められる点はアジャイル開発の魅力であり、ひとまず製品をリリースしてから、改めてユーザーの反応やシステムの状況を確認して製品開発に反映できる点はメリットです。

しかし、例えばスマホ決済アプリのようなシステムで、セキュリティに重大な欠陥があるままリリースしてしまった場合、被害が一気に拡大して取り返しの付かない状況になってしまう恐れもあります。

オフショア開発でアジャイル開発を成功させるためには

クライアントと開発チームをつなぐ橋渡しが必須

ラボ型のオフショア開発や、スマホアプリのように短期間でのリリースが求められるプロジェクトの場合、アジャイル開発を検討する価値はあるでしょう。

しかし、オフショア開発では国内でアジャイル開発を行うよりもはるかに大きな問題が生じます。それは、クライアント企業と開発チームの連携です。

当然ながら、アジャイル開発では常に仕様を見直して設計・開発を進めるため、クライアントや開発チームが密接に連携していなければ、むしろ作業に空白期間が生じてしまい余計な時間がかかってしまいます。また、オーダーを伝える回数が増えるほど、伝達ミスのリスクも高まるため、チェック体制もより重要になります。

そこで、オフショア開発でアジャイル開発を成功させるには、クライアント企業と開発チームが時差や距離を超えて互いに高い意識を共有するだけでなく、常にチーム全体や開発状況をリアルタイムで把握しながら、両者の連携を強力にサポートしてくれるブリッジSEなどの人材が不可欠です。

オフショア開発でアジャイル開発は有効か?

オフショア開発においてアジャイル開発の有効性を最大限に発揮しようとすれば、まずクライアント側がアジャイル開発に適した案件を厳選して、充分な環境を整えた上で開発企業へ依頼することが必須です。また、開発チームへ任せきりになるのでなく、常にクライアント企業自身も開発チームの一員であるという意識が必要です。

そしてその上で、もしも理想的なマッチングが実現した場合、オフショア開発でもアジャイル開発の恩恵を存分に受けることが可能でしょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE