オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » 企業が目指すべき理想の「オフショア開発」とは » オフショア開発におけるBPOサービスとは?

オフショア開発におけるBPOサービスとは?

   オフショア開発BPO

BPOは、社外の専門会社へ業務プロセスを継続的に委託する契約スタイルであり、近年はオフショア開発会社とBPO契約を結ぶ、オフショアBPOサービスへの注目も集まっています。ここではBPOの特徴から、オフショアBPOサービスを活用するメリット・デメリット、オフショアBPOサービス事業者の選定ポイントまで幅広く解説していきます。

BPOサービスとは?

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)とは?

BPOとは「ビジネス・プロセス・アウトソーシング」の略であり、業務プロセスを社外の専門企業へ継続的に委託するスタイルです。

従来のアウトソーシングでは、社内業務の一部について、専門の人材を派遣してもらったり、一時的に社外へ委託をしたりするというイメージが一般的でした。一方、BPOでは一連の業務プロセスを社外へ委託して、さらにその委託期間も長期間にわたることが大きな違いです。そのため、場合によっては対象部門の完全外注化も可能となっています。

BPOで委託する業務とは?

BPOで委託する業務内容は基本的に、社内の定型作業や運用に特定のノウハウを必要としない業務、企業の根幹に影響しないノンコアの業務プロセスです。なお、現在はデータ処理やマーケティング、人材育成やシステムソリューションといった、IT分野の専門業務についても一括委託することができる新世代BPOも増加しています。

BPOのメリット

人材面のメリット

BPOを活用することで、社内の人材を適材適所に再配置することが可能です。誰にでもできるような業務を社外委託することで、専門スキルを持った人材の能力をより効果的に発揮して企業の競争力や生産力を向上させられる点は、大きなメリットといえるでしょう。

また、定型作業に従事する社員の負担を軽減させられる点も重要です。

コスト面のメリット

BPOで任意の部門を完全外注化することができれば、業務を効率化できるだけでなく、その部門コストを削減することができます。特に、国内よりも人件費が安い国でオフショアBPOサービスを利用することができれば、大幅なコスト削減が期待できます。

業務面のメリット

自社で業務を行うよりも、専門ノウハウを備えたBPOサービス会社へ委託することで、業務の正確性や品質を向上させることも可能です。

また、業務の特性上、多種多様な情報や製品を取り扱うBPOサービス事業者では、セキュリティなどに関する国際基準の認証を取得しているケースも少なくありません。

BPOのデメリット

社内ノウハウの喪失

BPOによって社内部門や特定業務の大部分が消失すると、自社の中で関連ノウハウや業務スキルの蓄積が難しくなります。そのため、BPOを中断して再び自社で業務を行おうとした時に問題が生じる恐れもあるでしょう。

業務時間の増加・業務レベルの低下

きちんとしたスキルや実務能力を有している会社でなければ、業務の品質低下を招き、結局はそれを修正するために余計な作業や時間が必要になってしまいます。

情報セキュリティの問題

業務レベルの低下と同時に、情報漏えいリスクがあることもデメリットです。特にBPOでは顧客情報や社内情報を丸ごと社外へ渡すケースも多く、情報セキュリティに対する意識は極めて重要なポイントになります。

また、情報漏えいリスクについては、実際に問題が起きていなくても、危険なイメージを自社の取引先に持たれてしまうことが大きなデメリットです。

社員のモチベーション低下

BPOを行うことで業務の効率化が行えますが、それまでその業務に関わっていた社員の価値を改めて認めて活用してやらなければ、モチベーションや会社への帰属意識が低下してしまいます。

オフショアBPOサービスのポイント

現在の業務プロセスの分析

オフショアBPOサービスを活用する場合、まず現状の業務プロセスについて実態を把握して、どの部門・範囲について委託するか検討することが欠かせません。

導入後の社内体制のイメージ

具体的に業務プロセスや部門の検証が終わると、次はBPO導入後の体制や人材活用についてしっかり検討することが必須です。また、BPOと社内業務を組み合わせた、全体業務の最適化も考えます。

コストメリットの計算

人件費の安い国へ発注することで人件費を削減できたとしても、仕様書の翻訳料や通信環境の整備といったコストが別途必要になります。また、品質が悪ければ再チェックや修正費用がかかることになるため、トータルコストを具体的に算出してコストメリットを確かめることが重要です。

信頼できるオフショアBPOサービス事業者の選定

オフショアBPOサービスでは、本当に信頼できる委託先を選定することが絶対的な必要条件です。オフショアBPOサービス事業者を選定する際は、例えば以下のような部分に注目します。

実績・業務能力

日本企業とのBPOサービスにおける取引実績を確認することは欠かせません。また、業務実績があったとしても、日本語能力やコミュニケーション能力は当然として、自社が委託したい業務について専門スキルやノウハウをきちんと備えているかも重要です。

委託可能な業務量やサービス規模

オフショアBPOサービス事業者によっては、自社が委託したい業務の規模に対して、人材の数や業務能力が不足している可能性もあります。加えて、人材管理を自社で行うこともできないため、将来的な人材流出リスクなどについても考えることが大切です。

価格設定・スケジュール管理

長期的な契約となれば、現状の人件費だけでなく将来的な人件費高騰や契約料の変更なども考慮しておかなければなりません。特に完全外注化をする場合、BPO契約が終了すると、新しい会社と再契約したり、再び自社で業務体制を整えたりするための費用がかかるため、注意しておきましょう。

情報セキュリティ対策や業務への意識

オフショアBPOサービス事業者を選定する上で、情報セキュリティ対策や業務への意識は最重要ポイントといえます。特にオフショアBPOサービスでは情報漏えいのリスクが常にあるものと考え、企業実態や取り組みについて事前に確認することが欠かせません。

オフショアBPOサービス事業者の選定が成功のカギを握る

オフショアBPOサービスを活用して、事業の効率化やコスト削減を成功させようとすれば、何よりも長期的に信頼できる委託先を見つけることが必要です。そしてその上で、コストメリットや社内体制についても事前にしっかりと検証しておき、BPOを停止する時が来た場合についても対策を講じておくことが重要です。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE