オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » 企業が目指すべき理想の「オフショア開発」とは » ブリッジSEとはどんな職業なのか?

ブリッジSEとはどんな職業なのか?

   ブリッジSE

ブリッジSEは、オフショア開発の拠点となる海外企業と、自社との間で橋渡し役として活躍してくれるエンジニアです。ブリッジSEの役目や仕事内容、オフショア開発における重要性について、まとめています。

オフショア開発におけるブリッジSEとは?

ブリッジSEとは?

ブリッジSEとは、オフショア開発において自社のチームと海外の現場の間で、両者をつなげる橋渡しとして活躍するエンジニアのことです。ビジネスに限らず様々な面で日本とは異なる海外の企業やスタッフと、自社がスムーズに仕事を進めていこうとすれば、優秀なブリッジSEを確保しておくことが最重要ポイントの1つといえるでしょう。

ブリッジSEの役目

海外の低コストな人材を活用できる反面、手数料や翻訳料といったコストが必要となるオフショア開発では、限定的な小規模案件でなく、大規模のプロジェクトを発注するケースが一般的です。

しかし、大規模プロジェクトではたった1つのエラーが連鎖的に大きなトラブルに発展するリスクもあり、オフショア開発を成功に導く上で適切なリスク管理は必要不可欠です。

そしてブリッジSEの役目は、あらゆる面で数多くの違いがある日本企業と海外企業との間に立って、互いのコミュニケーションが円滑に行われるよう、多方面でサポートしていくことといえます。

もちろん、そのためには言語や文化・風習、さらには働いている現地スタッフについての理解が正しくされているだけでなく、プロのエンジニアとして業務内容を詳しく理解する専門知識や経験も欠かせません。

つまり、プロジェクト管理者として優れたIT技術や言語力を備えた上で、どんな人とも積極的にコミュニケーションをとって信頼関係を構築していくことが、ブリッジSEの責務といえるでしょう。

オフショア開発経験のない企業ではブリッジSEが必須!

すでに充分なオフショア開発経験を持っていたり、海外からのスタッフも多く採用してグローバルスタンダードで事業展開をしたりしている企業であれば、すでにブリッジSEの役目を果たしてくれるノウハウがそろっているかも知れません。

しかし、新しくオフショア開発をスタートさせようとしている会社や、特に新しい国や地域をオフショア開発拠点としてプロジェクトを計画している企業にとって、それぞれの事業分野やエリアの条件にマッチしたブリッジSEを確保しておくことは絶対条件です。

ブリッジSEとコミュニケーターの違い

コミュニケーターとは?

コミュニケーターとは、文字通りチーム間やメンバー間のコミュニケーションをサポートする役割を持った人材のことです。具体的には、ブリッジSEとして活躍できるほどITスキルや専門知識は備えていないものの、報告書や仕様書などの翻訳、進捗管理、打合せやミーティング時の通訳などを行ってくれる人材です。

コミュニケーターはブリッジSEよりもコストが安い

一般的に、コミュニケーターにはブリッジSEほどの能力が求められない分、人件費も安く抑えられます。 ただし、コミュニケーターには根本的に技術面での知識や経験が不足している可能性があり、エンジニア特有の単語やシステム開発独特の翻訳・表現などで思わぬ誤訳や誤解が生じる危険もあります。

ブリッジSEのサポートとしてコミュニケーターを活用する方法

オフショア開発ではブリッジSEの存在がとても重要になるため、優秀なブリッジSEほど企業は手放そうとしません。そのため、場合によっては簡単に見つけられたブリッジSEの能力が期待していたほど高くないというケースも考えられます。

そこで、ブリッジSEへの負担を少しでも減らしてプロジェクトをスムーズに進めるため、例えば大量の文書の翻訳作業に関してはコミュニケーターが行うといった、ブリッジSEとコミュニケーターを併用する方法もあります。とはいえ、本質的にレベルの低いブリッジSEでは、プロジェクトそのものの成功率が下がってしまうことを避けられません。

ブリッジSEに求められる能力

ブリッジSEに求められる能力には、ITスキルや言語力の他にも様々なものがあります。

プロジェクトに関する専門知識・専門スキル

当然ながら、IT技術やプロジェクトの内容について理解している人間でなければブリッジSEにはなれません。また、時には指示外の行動をしている現地スタッフを注意したり、自社からの指示を的確に現地へ伝えて作業を指導したりしなければならないこともあるでしょう。

そのためブリッジSEでは必然的に、現地スタッフにきちんと認められて信頼されるに相応しい専門知識やスキルを備えていることが条件になります。特に、新規のプロジェクトの場合、現地チームがどれだけ早く効果的なパフォーマンスを発揮できるようになるかは、ブリッジSEの実力次第といえるでしょう。

多言語力・コミュニケーション能力

日本であれ外国であれ、そこで働いているのは全て同じ人間です。人種や言語、文化や歴史、社会システムや宗教観などに違いがあっても、究極的には常に人と人の交流が土台になっています。

そのため、ブリッジSEにはきちんと自社のスタッフや現地のスタッフとコミュニケーションをとって、それぞれとの間で信頼関係を構築しながら、トラブルの発生を未然に防ぐための能力が必要です。また、優れたブリッジSEは人間的魅力にあふれており、多くの人から好かれます。

そしてその結果、スタッフのモチベーションが向上し、さらに生産力を高められるという好循環が生まれるかも知れません。

各国の生活習慣やビジネス習慣に対する深い理解

日本には独自に発展した文化や魅力があり、日本人にも独自の社会常識や働き方があるように、他の国々でもそれぞれ全く異なる文化や魅力があります。

それはまた同時に、国によっては当たり前のことが、他の国では非常識であったりいっそタブーであったりする可能性もあるということです。

例えば働く時間やペースにしても、きっちりスケジュール通りに働く日本人が多い自社に対して、相手国には大らかなペースで働くことが当たり前という風土があれば、納期や進捗状況の確認などでトラブルになることも考えられます。

その他、宗教上の理由がスケジュールやプロジェクトの計画に影響することもあるでしょう。そのため、それぞれの国について深く理解し、きちんと敬意を払いながらも、適切な調整を行えるブリッジSEが必要です。

健康な体・ストレス耐性

気候や天候だけでなく、特に食文化などの生活環境が全く異なる国へ派遣されることも多いブリッジSEでは、肉体的な健康だけでなく、精神的な強さも重視されます。ブリッジSEは自社と現地企業をつなぐキーパーソンになるため、常に万全な状態を保てることが大切です。

ブリッジSEを活用する際の注意点

ブリッジSEの給料は一般的なSEよりも高い

通常のSEとしての能力や責任だけでなく、プロジェクトを管理する側としての立場が求められるブリッジSEでは、当然ながら年収も高くなることが想定されます。

ブリッジSEの年収は本人の経験やプロジェクトの規模によっても変わるため、450万~850万円程度と幅も大きくなっていますが、それでも一般的なSEの平均年収が500万円前後であることを考えれば、自社で優れたブリッジSEを直接雇用する場合、それなりの条件を提示しなければならないでしょう。

ブリッジSEを現地採用する際は能力に注意

国内でブリッジSEを雇って現地へ派遣すると、給料だけでなく様々な諸経費がかかります。そこで、現地でブリッジSEを探すことも1つの手です。ただし、その場合はそもそも適切な能力を持った人材であるのか、まずそこからきちんと見極めることが必要です。

オフショア開発企業には専属のブリッジSEもいる

オフショア開発企業を介してプロジェクトを進める際の利点の1つが、すでに日本と対象国の事情に精通した中継役としてオフショア開発企業が活躍してくれることといえます。

また、オフショア開発企業にそれぞれの国に適応したブリッジSEが所属していれば、それだけプロジェクトの安定性も向上します。そのため、オフショア開発企業を選ぶ時は必ずブリッジSEについても確認することが肝心です。

優秀なブリッジSEの見分け方

資格や実績は目に見える基準

優秀なブリッジSEを探したいと思っても、簡単な面接などで能力を具体的に確認することは難しいでしょう。だとすれば、「目に見える判断材料」を重視することも大切です。 目に見える判断材料としては、出身大学の名称や留学経験といった学歴、これまでの業務経験や日本企業との取引実績、そしてIT分野や言語能力に関する資格などがあります。

プログラミング関連資格だけで判断はできない

IT分野やプログラミングに関係する資格や試験は多く、国内だけでも民間試験から国家試験まで非常に様々なものが存在しています。

しかし、実際にコーディングをするプログラマーと、彼らを管理するブリッジSEでは求められる能力に違いがあり、高レベルのプログラミング資格を持っていたからといって、必ずしもブリッジSEとして戦力になるとは限りません。

国際資格「PMP」

PMP(Project Management Institute)はプロジェクトの立案や計画、管理などに関わる専門家の国際資格であり、取得には非常に高度な学歴や実務経験などが必要です。 そのため、もしもPMP取得者であれば、ブリッジSEとして魅力的な人材の可能性もあるでしょう。

国内資格「プロジェクトマネージャー試験」

経済産業省所管の独立行政法人「情報処理推進機構」が運営している、日本国内向けの国家試験です。プロジェクト全体の管理者としての能力を認定する資格であり、2019年度の合格率は14.1%と低く、資格取得者は高い能力を有していると判断できます。

ただし、日本国内の試験のため、国際的な評価はPMPよりも低いのが現実です。

※参考サイト:IPA 情報処理推進機構公式サイト,「PM」(https://www.ipa.go.jp/about/index.html)

言語能力に関する資格

言語能力に関連した資格としては、例えば英語能力を示すTOEICやTOEFLが有名です。ただし、これらはあくまでも英語能力に関する資格であり、IT分野でのブリッジSEとして優秀かどうかを保証するものではありません。

また、外国人ブリッジSEを使う場合、どの程度の日本語能力を持っているのか知ることも重要です。 一般的に外国人向けの日本語能力の指標としては、「日本語能力試験(JLPT)」があります。

日本語能力試験(JLPT)とは?

JLPTは、国際交流基金と日本国際教育支援協会が共同で運営する日本語学習者向けの認定試験であり、世界85カ国で100万人を超える人が受験している世界最大の日本語能力試験です。 評価レベルはN1からN5まで5段階で行われ、数字が少ないほど日本語能力が高くなっています。

N1

読み書きの両方において幅広い話題に対応でき、日本語を論理的に理解できるだけでなく、抽象的な表現などについても内容を把握したり意図を推察したりすることが可能です。また、会話も自然なスピードで行うことができます。

N2

N1には及ばないものの、日常的な場面で使われる日本語を理解して、ある程度までは応用的な日本語に対しても意味を把握することが可能です。また、新聞や雑誌といった、論理的に書かれた文章を読んで内容を理解することもできます。

N3

日常的な場面で使われる日本語をある程度まで理解して、日本語で書かれた文章を読み、新聞や評論からも情報の概要をつかめるレベルです。一般的に、教室内の学習レベルがN4・N5とされ、応用的なレベルがN1・N2とされており、N3はその橋渡しともいえる段階です。

N4

基本的な日本語については理解できており、ややゆっくりと話をされれば会話を理解することもできます。また、漢字で書かれた文章でも平易なものであれば理解できます。

N5

ひらがなやカタカナ、基本的な漢字を使われた定型文や語句などを理解して、文章を読めるレベルです。教室内でゆっくり話される程度の会話であれば、相手が何を言っているのかきちんと聞き取ることができます。

※参考サイト:日本語能力試験JLPT公式サイト,「N1~N5:認定の目安」(https://www.jlpt.jp/about/levelsummary.html)

優秀なブリッジSEほど人的価値が高い

ITスキルであれ言語能力であれ、それを充分に習得しようと思えば相応の学習期間や費用、何よりも本人の努力が必要です。だとすれば、優秀なブリッジSEほど人材としての価値が高くなり、経験値に応じて人件費がかかることも必然でしょう。

オフショア開発のメリットは国内開発よりもコストを抑えられることですが、ブリッジSEに費用がかかりすぎては本末転倒です。とはいえ、安かろう悪かろうのブリッジSEではそもそもオフショア開発が失敗するリスクも高まります。

自社のプロジェクトにとってどのようなブリッジSEが必要で、また実際に候補者がどの程度のレベルの人材なのか、人件費の金額だけでなく、総合的に見極めていくことが大切です。

ブリッジSEはオフショア開発の成功のカギ

海外でのオフショア開発プロジェクトを成功させるには、仲介役となってくれるオフショア開発企業や優秀なブリッジSEの存在が極めて重要です。ブリッジSEはある意味で、現地における自社の代表や象徴ともいえるため、その選別には決して妥協しないようにしてください。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE