オフショア開発ガイド » 企業が目指すべき理想の「オフショア開発」とは » ハイブリッド開発とは

ハイブリッド開発とは

  

オフショア開発において、最初にしっかりと計画を立てて開発を進めるウォーターフォールモデルと、短期間で計画・設計・開発・実装・検証のサイクルを繰り返すアジャイル開発を組み合わせた、ハイブリッド開発に注目が集まっています。

ハイブリッド開発とは?

新旧の開発スタイルを融合させた新しいモデル

「ハイブリッド」は「混成・混合」などの意味を持つ言葉ですが、オフショア開発におけるハイブリッド開発とは、従来通りのウォーターフォールモデルと、新しい開発スタイルであるアジャイル開発を組み合わせた、現代型の開発スタイルです。

計画性と柔軟性を組み合わせる開発モデル

ウォーターフォールモデルでは、最初にしっかりと仕様を決定し、計画的に開発を進めていきます。指揮系統が明確で大規模案件でも管理しやすいというメリットがある反面、急な仕様変更やエラーに対処が遅れるというデメリットがあります。

一方、短期間で一連の流れを繰り返しながら品質を向上させていくアジャイル開発は、柔軟な対応を行いやすい反面、クライアントと開発チームが常に密接な連携を取らなければ真価を発揮できない点が問題です。

ハイブリッド開発では両者のメリットを融合させることで、大規模案件にも対応可能な計画性を維持しつつ、臨機応変な開発を進めていくことが目的とされています。

ハイブリッド開発が有効なケースとは?

開発フェーズに適した開発スタイルを当てはめる

ハイブリッド開発のメリットを最大限に活かそうとすれば、ウォーターフォールモデルとアジャイル開発のそれぞれに適したプロジェクトや開発フェーズをしっかりと認識し、最適なスタイルを当てはめなければいけません。

例えば、プロジェクトの土台となる要件定義や基本設計についてはウォーターフォールモデルで構築し、実際の開発期間中はアジャイル開発によって柔軟に進め、総合テストでは再びウォーターフォールモデルを活用するといったケースです。

オフショア開発でハイブリッド開発を成功させるポイントは?

チームの連携力と理解力を高める

ハイブリッド開発はそれぞれのメリットでデメリットを補い合うことが本質です。

そのため、開発力や特性だけにピンポイントで注目するのでなく、プロジェクトをまとめる人間がウォーターフォールモデルとアジャイル開発の両方について正確に理解した上で、スムーズな流れを維持できるようチーム全体で連携力を高めることが欠かせません。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE