オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » 企業が目指すべき理想の「オフショア開発」とは » オフショア開発における言語問題と日本語コミュニケーション

オフショア開発における言語問題と日本語コミュニケーション

   オフショア開発言語

オフショア開発における最大の問題の1つが、開発国との言語の違いによるコミュニケーション不足や、日本語を使える現地エンジニアの有無といえるでしょう。ここでは、オフショア開発における言語問題と日本語コミュニケーションについて解説しています。

言語の違いによるコミュニケーション不足のリスク

オフショア開発においてコミュニケーションは最重要課題

オフショア開発を成功させるには、日本からの指示や仕様書の内容を正確に現地チームへ伝達し、また進捗状況などを定期的に確認していくことが不可欠です。

これは相手国がどこであっても関係なく、使用されている言語が何であるかも関係ありません。

オフショア開発では英語以外の言語も多い

日本人は一般的に外国語と聞くと英語をイメージしがちですが、オフショア開発で人気の国では英語がほとんど通じないケースも少なくありません。

また、海外との取引では、日本人のように仕様書や指示内容に不備があっても気を利かせて対応してくれるということは期待できないので、意思疎通の不具合はそのまま成果物の質へ直結します。

そのため、現地の言語と日本語の両方に長けたブリッジSEやコミュニケーターなどの存在が非常に重要になります。

日本語を使える人材とは?

ブリッジSE

ブリッジSEとは、文字通り日本と現地との間で橋渡しの役目を担うシステムエンジニアです。エンジニアとしてのIT能力はもちろん、日本の指示を理解して現地へ正確に伝えるためのコミュニケーション能力が求められ、優秀なブリッジSEはオフショア開発の成功を左右するキーパーソンといえるでしょう。

コミュニケーター

コミュニケーターは、オフショア開発において必要な言語能力を習得している通訳者のことであり、ブリッジSEのサポートや報告書の翻訳、会議での通訳といった業務を担います。

オフショア開発やシステム開発では、日常会話では使われない表現や商習慣に則った通訳が必要になり、単に現地語や日本語を話せるだけでは不十分という点が重要です。

日本語スキルを習得したエンジニアも増加している

ベトナムなど、日本からのオフショア開発の受託に力を入れている国では、政府や企業が率先して若手エンジニアへ日本語教育を行っているケースもあります。また、日本政府が現地政府と協力して、日本の商習慣や文化への理解力も備えたエンジニアの育成をサポートするプログラムが実施されていることもあります。

日本語スキルを判断するポイント

すでに日本企業との取引実績が豊富なオフショア開発会社であればまだしも、特に新しい企業を活用する場合、ブリッジSEやコミュニケーターなどの日本語スキルを客観的に把握することは非常に重要です。

そこで、日本語能力を把握する目安の1つとして、日本語能力試験(JLPT)が知られています。

日本語能力試験(JLPT)とは?

JLPTは、日本人にとってのTOEICやTOEFLのように、外国人がどの程度の日本語能力を備えているのか判断する試験です。N1~N5のランクに分類され、数字が小さくなるほど日本語能力が高いということになります。

ただし、JLPTは筆記試験とリスニング試験で構成されており、スピーキング能力の証明にはならないという点は要注意です。そのため、N1やN2所持者であっても常にビジネス会話をスムーズに行えるとは限らず、最終的には実際に会話してみることが必要であると覚えておきましょう。

オフショアライド編集部が見る言語問題の解決ポイント!

オフショア開発において、日本と現地との間で常にスムーズな意思疎通の環境を維持しておくことは最重要課題の1つです。

現地の開発チームを管理するブリッジSEや、それをサポートするコミュニケーターには、単純な言語能力やITスキルだけでなく、両国の文化や商習慣に精通して、正確かつ充分なコミュニケーションを行える能力が必要になります。そのため、単に日本企業との取引実績やJLPTのランクだけで判断せず、実際にどの程度のコミュニケーションを取れるのか、責任者が自ら事前に確認することが必要です。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE