オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » 企業が目指すべき理想の「オフショア開発」とは » 受託型開発(受託型契約)

受託型開発(受託型契約)

   オフショア開発受託型

オフショア開発の契約方式の1つとして重要なものが、受託型開発(受託型契約)です。プロジェクト単位で発注し、その管理も開発企業へ任せられる受託型について、特徴やメリット・デメリットなどを解説します。

オフショア開発における受託型開発(受託型契約)とは?

プロジェクト単位で開発企業に任せられる契約

オフショア開発における受託型開発(受託型契約)とは、ある1つのプロジェクトについて、その一部、あるいは全部を開発企業へ委託してしまう契約方式です。様々な技術や経験を備えた専門業者へプロジェクトを一任できるため、自社で開発ノウハウを持っていない企業でも問題なくオフショア開発を進めることが可能です。

単発の案件を発注するのに向いている契約方式

開発企業に自社専属のチームを作れるラボ型開発とは異なり、受託型開発はプロジェクトごとの委託契約になります。そのため、プロジェクトが終了してしまえば契約も満了となり、基本的には単発の案件を委託する際に適している契約方式といえるでしょう。なお、新しいプロジェクトを発注したい場合は、改めて委託契約を結び直すことになります。

受託型開発(受託型契約)のメリット

専門スキルを持った開発企業に納品責任を負わせられる

受託型では、クライアント企業が開発企業へ目的となる仕様や希望する製品について見積もり依頼し、クライアント企業が金額に合意すれば契約が締結されます。

そして、その時点で開発企業には見積もり内容の通りに製品を納品する責任が発生するため、あらかじめどのような製品を希望するのか明確にビジョンが定まっている場合、受託型はメリットの多い契約方式です。

受託型開発(受託型契約)のデメリット

臨機応変な対応をしてもらえない

受託型開発では、開発企業が自社でプロジェクトマネージャを置き、その下で製品の開発・製造が進められます。そのため、プロジェクトの管理責任が開発企業にある反面、クライアント企業は細かい指示を開発企業や開発チームへ出すことができません。

また、もしも途中で仕様を変更したり、新しい機能を追加したりとプロジェクト内容の見直しを行う場合、別途費用がかかる点もデメリットです。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE