オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » マレーシアのオフショア開発事情 » マレーシアのオフショア開発のメリット

マレーシアのオフショア開発のメリット

マレーシアでオフショア開発を行うメリット

多言語開発が可能

マレーシアで用いられている公用語はマレー語です。しかし海外からの移住者も多いという国がらもあり、英語や中国語など複数の言語もよく使用されています。マレーシアの方が話す英語はそこまで流ちょうでないため、日本人でも容易に聞きとれます。こういった特徴があることから、今後事業を複数の国で展開したいと考えている企業にとっては多言語に対応可能という魅力さがあります。もちろん日常会話などが英語でやり取りできるという点も、ビジネスを行う上で利点も多いでしょう。

親日家が多い

日本の価値観を取り入れ発展してきた影響もあり、日本に対する理解度があるという特徴があります。そのため親日家も多く、日本語を話せる人も多いようです。そのため日本のモラルやビジネスに対する姿勢も理解しているので、ビジネスパートナーとして問題なくやり取りを行えるのではないでしょうか。

優遇税制のMSCステータス

マレーシアには、IT企業に与えられる「MSCステータス」というライセンスがあります。指定された場所に事務所を置く、4半期ごとに進捗を報告しなければいけないといった制限はありますが、基本的にはとてもありがたいもの。このライセンスによって、最大10年間の免税優遇措置や外国人向けのビザの無制限発給を受けることが可能です。また事務所もかなり立地が良い場所に置かれることがほとんどで、家賃に対してかなり質の良い部屋が割り当てられることもおおいのだとか。これを目的にマレーシアは海外から進出する企業も多くあり、オフショア開発先として、複数の企業に選択されています。

ラブアンの存在

タックスヘイブンという言葉を耳にしたことがあるでしょう。租税回避地として様々な大手企業がビジネス拠点としておいていることで注目されています。マレーシアのラブアンはタックスヘイブンの一つです。アジアの中で、税率が最も低い金融経済特区であり、所得税に対しても租税優遇措置があります。もちろん様々な条件がありますが、その条件さえ満たすことができれば、かなり優遇されるでしょう。

マレーシアのオフショア開発について考察

マレーシアは親日家も多く、日本に対しての理解も深いため、日系企業がオフショア開発先として選択するには魅力が多いでしょう。また多言語を使用しているため、複数の国でのビジネス展開を行う企業にとっても強い武器になるはずです。租税優遇措置など税金の面でも条件次第では優遇が受けられるかもしれません。マレーシアでビジネス展開を考える際には様々なメリットやデメリットを考えてから慎重に進めるようにしてくださいね。政府自体がIT産業の発展に力を入れている国なので、ビジネス自体は行いやすいのではないでしょうか。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE