オフショア開発ガイド » フィリピンのオフショア開発事情 » フィリピンの風土や国民性による働き方の違い

フィリピンの風土や国民性による働き方の違い

英語力が高いフィリピンはオフショア開発の相手国として注目を集めていますが、陽気で家族を最優先にするフィリピン人の働き方は、日本人エンジニアと比べると違いも少なくありません。フィリピンでのオフショア開発を成功させるために、まずはフィリピンの風土や文化、フィリピン人エンジニアの仕事観について把握しておきましょう。

日本とフィリピンの働き方の違い

いつでも陽気で家族や仲間を最優先するフィリピン人

フィリピンでは、例えば家族が病気になってしまったり、恋人の家族が体調不良になってしまったりした場合、ためらうことなく仕事を休んで家族や身内を優先します。

また、スーパーやコンビニといった接客業でも、お客さんの前で平気でスマホを操作したり、仕事仲間と歌を歌ったりしている人がいるのは当たり前の光景です。そのため、日本人の目には、フィリピン人は良く言えばいつでも陽気、悪く言えばいい加減に見えることもあります。

その他、女性の管理職や責任者が多く、日本よりも積極的に女性が社会へ進出していることもフィリピンの特徴です。

お金は大事だが優先すべきはプライベートという仕事観

一般的なフィリピン人にとって、仕事に対する優先度は高くなく、仕事よりも平気で家族との関係やプライベートの問題を優先します。その上、「フィリピンタイム」という言葉があるように、フィリピン人は時間にルーズな人が多く、遅刻も日常的に見られます。

そのため、例えばフィリピンの小売店では従業員の遅刻や急な欠勤を見越して、最初から多めに人を雇っているといったケースも少なくありません。また、そういった事情もあってフィリピンでは平均賃金が安めに設定されており、だからこそ労働者も仕事よりプライベートや日々の楽しさを優先するという関係性が構築されています。そしてその結果、少しでも上司との間でトラブルがあったり、他の職場の方が好待遇だと聞いたりすれば、あっさりと現在の仕事を辞めて転職するといったことも日常茶飯事です。

オフショア開発でトラブルになりやすい休日の違い

有休や病気休暇を迷わず使うフィリピン人

フィリピンの祝祭日は日本よりも少なくなっています。しかし、だからこそフィリピン人は有休や病気休暇といった権利を迷わず使って、休みたい時には積極的に休みます。

また、フィリピンはキリスト教国であり、家族や仲間と過ごすことを大切にするフィリピン人にとって、クリスマスに長期休暇を取ることも一般的です。そのため、クリスマスシーズンにも仕事をしてもらいたいような場合、かなり積極的に労働者と交渉することが必要になります。

フィリピン人エンジニアの技術力

英語力が高くコミュニケーション力にも優れている

フィリピン人の特徴として英語力の高さが挙げられます。また、陽気でフレンドリーな人が多く、オフショア開発で重要となる日常的なコミュニケーションを考えても、フィリピン人エンジニアは魅力的だといえるでしょう。

加えてフィリピンでは若者が多く、これからのIT業界に向けて意欲的にスキルを向上させようとする人もいます。さらに、日本のような新卒採用がないフィリピンでは、スキルや経験がそのまま採用や賃金に反映されやすく、条件次第で即戦力な人材も獲得できます。

ただしその反面、のん気なフィリピン人の中には、仕事の条件や目の前の問題を自分勝手に解釈してしまう人もおり、フィリピン人エンジニアを最大限に活用するには、PMやブリッジSEが普段からきちんとコミュニケーションを取って、彼らを適切に管理することが必要です。

フィリピン人エンジニアの給料

日本人エンジニアに比べるとかなり安い

IT分野におけるフィリピン人エンジニアの平均給与は、日本円にしておよそ40,000~50,000円程度とされており、日本人エンジニアと比較するとかなり安くなっています。 そのため、コストメリットを考えた場合、フィリピンでのオフショア開発は魅力的といえるでしょう。

しかし、だからこそ優秀なエンジニアは大手企業が根こそぎ好待遇で迎え入れるといったケースも多く、エンジニアを安く雇えて良かったと油断していると、いきなり転職されてしまうといったリスクもあります。

まとめ

英語力が高くてIT業界で活躍できる即戦力も多いフィリピンですが、一方で陽気すぎる国民性や、家族やプライベートを何よりも優先する働き方のせいで、エンジニアの管理が難しい国であるともいえるでしょう。

フィリピンでのオフショア開発を成功させるには、フィリピン人エンジニアの希望や気質を理解した上で、彼らを適切に管理していくことが重要です。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE