オフショア開発ガイド » フィリピンのオフショア開発事情 » フィリピンのオフショア開発のメリット

フィリピンのオフショア開発のメリット

人件費が安くて英語力の高いフィリピンでは、オフショア開発で得られるメリットもたくさんあります。ここでは、フィリピンのオフショア開発のメリットについてまとめました。

フィリピンにおけるオフショア開発のメリット

高い英語力でグローバルスタンダードの開発ができる

フィリピンはエンジニアの英語力が高く、大手海外企業も数多く進出しています。そのため、エンジニアもグローバルスタンダードの開発環境を意識している人が一般的で、世界で通用するシステムの開発などを考える場合、フィリピンは魅力的なオフショア開発国です。

コミュニケーションを取りやすい

陽気で明るい性格のフィリピン人は、コミュニケーション力が高く、ブリッジSEやPMがエンジニアとの信頼関係を築く上で大きなメリットといえるでしょう。 しかしその反面、フィリピン人は家族や恋人、仲間との関係をとても大切にするため、会社や仕事に対する優先度が低くなりがちといった問題もあります。 そのため、普段から積極的にコミュニケーションを取り、仲間意識を強めておくことが大切です。

人件費が安くてコストを抑えやすい

フィリピンは中国やベトナムよりも人件費が安く、オフショア開発でもコストメリットを得られやすくなっています。ただし、優秀な人材を大手企業がまとめて抱え込んでしまうことも珍しくなく、あまりにも安さを優先させすぎると、いきなり転職されてしまうリスクもあります。

意欲的な若者が多く今後の成長も期待できる

フィリピンには若者が多く、発展段階にあるIT産業に対して意欲的な若者が少なくありません。

そのため、即戦力の人材を確保しつつ、長期的なラボ型開発などで自社のプロジェクトに特化したエンジニアを育成できれば、非常に強力な開発チームとして活用できる可能性があります。

まとめ

英語力の高さと人件費の安さによって、様々なメリットを得られるフィリピンのオフショア開発ですが、一方で魅力的なメリットを求めるライバル企業もいます。フィリピンのオフショア開発でのメリットを最大限に得られるよう、メリットの根拠と活用法を把握しておくことが大切です。