オフショア開発ガイド » オフショア開発の委託先となる「業種」を選ぶ » ブロックチェーン開発/マイニング

ブロックチェーン開発/マイニング

ブロックチェーン

ビットコインを支える技術として、国内外から注目を集めているブロックチェーン。ブロックチェーン開発やブロック生成に必要な計算作業であるマイニングにオフショア開発を導入することで、どのようなビジネスインパクトをもたらすのかメリットやデメリットの面から考えていきます。

ブロックチェーン開発/マイニングにおけるオフショア開発のメリットとは

優秀な人材を獲得できる

国内でもブロックチェーン開発の需要は高まっているものの、最先端技術を扱えるエンジニアの数が不足。少子高齢化の波を受けて人材不足は今後ますます深刻化していくと考えられるため、優秀な人材確保の手段としてエンジニアの育成に力を入れている国へのオフショア開発が適しています。

コスト削減を実現

マイニングには、世界中のマイナーとの競争に耐えられる高性能の専用機器の確保が必要になります。24時間365日のフル稼働により大量の電気を消費するため、電気代の安い中国にアウトソーシングすることで機材の購入や電気代にかかるコストを削減できます。ただし、オフショア先への出資や運用費などのコストは必要です。

マイニング報酬を獲得しやすい

マイニングは一番早く新しいブロックを生成したマイナーが報酬を得られるという特性上、ブロック生成に必要となる膨大な計算式をこなす作業量とスピードが重視されます。そのため、大量の専用機器と冷却設備を備えて大規模に事業を展開している中国や北欧でオフショア開発をするほうが継続的に報酬を得やすいのが特徴です。一方で世界中にいるマイナーとの競争に勝てず、利益を出せないままコストだけがかかるリスクも兼ね備えています。

データセンター

ブロックチェーン開発/マイニングにおけるオフショア開発の成功事例

ブロックチェーン開発やマイニングにおけるオフショア開発の成功事例は見つかりませんでした。

オフショアライド編集部が見る
成功要因、そしてその横展開方法とは

豊富な人材と充実した設備による優位性

ブロックチェーン開発やマイニングにおけるオフショア開発の成功事例は見つかりませんでしたが、事業の展開に必要な人材の数や設備の充実さでは海外のほうが優れています。特に作業量やスピードが重視されるマイニングにおいては、大量の専用機器や冷却設備を備えて大規模に展開している海外の専門企業が明らかに優位です。

そのため、国内で最先端技術のスキルを持つエンジニアの獲得や専用機器の購入などに時間やコストをかけるよりも、優れた人材や設備が揃っている海外にアウトソーシングするほうが成功につながる可能性があります。

ブロックチェーン開発/マイニングをオフショア開発に委託するデメリットとは

データの整合性を担保する難しさ

ブロックチェーンは公共のデータベースとしての機能を持つ特性から「データの整合性」が保たれていなければ価値がありません。しかし、言語の違いや仕様書の理解不足が原因でデータに矛盾があったりデータの整合性を保つ仕組みにバグがあったりした場合、運用を開始できずにコストだけが発生してしまいます。運用後の修正には利用者全員の合意が必要という面から見ても、開発の時点でデータに矛盾が生じないように国内で開発する以上の慎重な作業や労力が求められます。

仮想通貨の価格下落による収益の減少

マイニングの報酬となるビットコインは値動きが激しいという特徴があり、価格が急上昇したと思えば大幅に下落するというケースは珍しくありません。そのため、どれだけ大規模な設備を備えた専門企業にオフショア開発を委託したとしても、大幅な価格下落によって収益額が減少し、投資した資金の元本すら回収できない可能性もあります。

下落を表すグラフ

ブロックチェーン開発/マイニングにおけるオフショア開発の失敗事例

ブロックチェーン開発やマイニングにおけるオフショア開発の失敗事例は見つかりませんでした。

オフショアライド編集部が見る
失敗要因、そしてその横展開方法とは

特性を知ったうえでの慎重な対策が必要

データの整合性を保つためのシステムづくりには、高い技術力を持つ優秀なエンジニアの存在が必要になります。日本よりもエンジニアの人材が豊富な海外のリソースを活用できることはオフショア開発のメリットの1つですが、言葉の違いや地理的な距離の問題によるコミュニケーションが難しいというデメリットもあり。日本での開発の感覚をオフショア開発に持ち出してあいまいな指示のまま進めてしまうと、失敗につながりかねません。そのため、ブロックチェーンやマイニングの特性を踏まえたうえでの対策を講じる必要があります。

会議

海外のITリソース活用が発展につながる風向きとなるか

新たな最先端技術として国内外から注目を集めているブロックチェーン開発やマイニング。エンジニアの人材が枯渇している日本と比べて、投資や人材育成に力を入れている海外が開発や事業展開で抜きんでていることからオフショア開発に適した業種と言えます。オフショア開発を通して優秀な海外のITリソースという新たな出会いの風が吹き込むことで、仮想通貨のイメージが先行しているブロックチェーンやマイニングにおいて他分野での発展が期待できるかもしれません。今後どのような風向きになっていくのか、動向に注目したい業種です。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE