オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » オフショア開発の委託先となる「業種」を選ぶ » イラスト/キャラデザイン制作

イラスト/キャラデザイン制作

猫とリスのイラスト

オフショア開発というとソフトウェアやAIなどの開発のイメージが先行しがちですが、最近ではソーシャルゲームアプリの盛り上がりを受けてイラスト制作やキャラデザインを海外にアウトソーシングする流れが増加しています。国内ではなく海外にリソースを求めるメリットをはじめ、デメリットについても解説します。

イラスト/キャラデザイン制作におけるオフショア開発のメリットとは

低コストで大量生産を実現

イラストやキャラデザイン制作のオフショア開発として主流になっているタイでは、日本に比べて半額以下の人件費でデザイナーの雇用が可能です。デザイン・イラスト制作案件の単価が下がっている中、低コストで多くの人材を雇用できるのは利益アップや大量生産の実現につながる大きなメリットになります。

貴重な戦力が潜在している

ソーシャルゲーム戦国時代と揶揄されるほど開発が乱立している中、競合ゲームよりも多くのユーザーを呼び込むためには看板となる魅力的なイラストやキャラクターデザインが欠かせません。国内ではイラストレーターの争奪戦が激しく、人材確保が難しいのが現状です。タイでは国をあげてデザイナーの育成に取り組んでおり、貴重な戦力が多く潜在している国としてオフショア開発に適しています。

日本のサブカルチャー文化が浸透

タイでは日本のアニメやゲームといったサブカルチャー文化が人気を集めており、日本のアニメ作品に影響を受けてイラストを描いているデザイナーやイラストレーターも存在。日本で受ける絵柄やセンスに近い即戦力の人材を獲得しやすいメリットがあります。

イラストを描く女性

イラスト/キャラデザイン制作におけるオフショア開発の成功事例

イラストやキャラデザイン制作におけるオフショア開発の成功事例は見つかりませんでした。

オフショアライド編集部が見る成功要因、そしてその横展開方法とは

オフショア開発が人材や費用不足の解消の糸口に

日本のソーシャルゲームアプリは、魅力的なイラストやキャラデザインでユーザーを訴求するキャラ主体の傾向が強い傾向にあります。一方で、大量のイラストやキャラデザインを制作できるだけのイラストレーターを確保するのが人材の数やコスト面で難しいといった課題もあり。

そのため、人件費の安い海外にアウトソーシングすることで低コストかつ短い納期で大量生産を実現できます。ただし、多くのイラストレーターを抱えていたとしても日本受けするイラストやキャラデザインができるとは限らないので、これまでの制作実績や得意な分野をヒアリングしたうえでオフショア先を検討する必要があります。

イラスト/キャラデザイン制作をオフショア開発に委託するデメリットとは

日本ユーザーのニーズと得意な絵柄がマッチしない

日本のアニメ作品に影響を受けているイラストレーターやデザイナーもいるものの、基本的にタイのクリエイターは具象性の高い絵を得意としており、日本のアニメのようなデフォルメの絵柄は描き慣れていません。そのため、委託内容によっては求めていたクオリティとは異なるイラストやキャラデザインに仕上がる可能性があります。

文化の違いや言葉の壁による感覚のズレ

日本のイラストレーターやデザイナーには通じていた指示内容だとしても、海外でも上手く伝わるとは限りません。色彩や柄にその国の文化が反映されて日本とはセンスが異なっていたり、「かわいい」という言葉ひとつとっても感覚が違ったりと文化の違いや言葉の壁によりクオリティが左右される可能性があります。

画材

イラスト/キャラデザイン制作におけるオフショア開発の失敗事例

イラストやキャラデザイン制作におけるオフショア開発の失敗事例は見つかりませんでした。

オフショアライド編集部が見る失敗要因、そしてその横展開方法とは

文化や感覚の違いによる絵柄への影響を肝に銘じるべし

イラストやキャラデザイン制作のオフショア開発として考えられる失敗要因としては、日本とは異なる絵柄のセンスや感覚によるニーズとのズレです。描き直しや修正に時間をかけることでコストが発生するだけではなく、場合によってはイラストやキャラデザインとして採用できない可能性もあります。失敗を避けるためにも、イラストやキャラデザインの指示を出す際は具体的なサンプルを見せて完成物のイメージをお互いに共有することが大切です。

会議

文化の逆輸入という可能性も秘めている

タイは国をあげてデザイナーの育成に力を入れていることから、デザインの高いスキルを持った人材が豊富です。優秀な人材を日本に比べて安い人件費で確保でき、親日国としても知られていることからオフショア先としての需要が高いのも頷けます。

一方で、日本受けしやすいデフォルメの絵柄を描くスキルが不十分といった課題もあり。しかし、具象画を得意とするタイのイラストレーターやデザイナーのイラストスキルと企画がうまくマッチングすれば、競合と差をつけられる可能性も。日本のアニメやゲームがタイのイラストレーターやデザイナーに影響を与えたように、オフショア開発による出会いの風が今度は日本の文化に影響を与える日も来るかもしれません。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE