オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » オフショア開発の委託先となる「業種」を選ぶ » スマホ用サイト制作

スマホ用サイト制作

モバイルサイト

今ではパソコンよりも高い普及率を誇るスマホ。日々の暮らしやビジネスシーンにおいてもスマホを用いて調べ物をする人が多くなっており、サイトがスマホに対応しているかどうかでアクセス数や検索順位に影響を及ぼすまでになっています。スマホ用サイトが重要になっている一方で、制作にかかるコストや時間の問題から二の足を踏む企業もあり。

スマホ用サイト制作に関する課題の打開策として注目したいのが、海外に業務をアウトソーシングするオフショア開発です。ここではオフショア開発に委託するメリットや成功事例をはじめ、デメリットと向き合いながら導入する意義を見つめていきます。

スマホ用サイト制作におけるオフショア開発のメリットとは

単価の安い人件費でコスト削減を実現

オフショア開発に委託する最大のメリットはコスト削減の実現です。国内ではエンジニアの人材不足に伴って人件費が高騰しており、スマホ用サイト制作においても予算以上のコストが発生する可能性があります。一方でエンジニアの単価が安い海外であれば人件費を抑えられ、国内で外注するよりも低コストで制作が可能に。自社でエンジニアを抱えている企業であっても、一部業務にオフショア開発を導入することで将来的な人材不足やコスト増大への対策として発注ノウハウを蓄積できます。

優秀な人材確保で制作期間を短縮

エンジニアの単価が安いオフショア開発なら、人件費の高い国内でエンジニアを雇用するよりも低コストで多くの人材を確保できます。作業にあたる人員が多ければ多いほど制作期間の短縮化につながるため、ページ数の多い既存サイトのスマホ化もしくは新規スマホ用サイトの制作においては大きなメリットと言えるでしょう。中国やベトナムなどIT人材の育成に力を入れている国であれば優秀な人材を揃えやすく、短い制作期間で高品質のサイト制作を叶えられます。

スマホ用サイト制作におけるオフショア開発の成功事例

低コストで高品質のスマホ用サイト制作に成功

自社の留学情報提供サービスサイトのスマホ対応を検討していたA社。国内の業者への外注では予算の1.5~2倍近い費用がかかると分かり、国内よりも単価が安いオフショア開発を導入しました。現地の日本人ディレクターとチェッカーが品質を担保してくれたこともあり、国内業者の約70%の費用で高品質のスマホ用サイト制作に成功。満足いく実績をあげられ、現在はサイトの運用保守に関してもオフショア開発の導入を検討しているそうです。

オフショアライド編集部が見る
成功要因、そしてその横展開方法とは

コスト削減の実現だけでは成功のゴールテープは切れない

今回の事例が成功した要因としてはコスト削減の実現だけでなく、現地の日本人ディレクターとチェッカーの存在によって進捗や品質管理をスムーズに行えたことがあげられます。オフショア開発では言語の違いや地理的な距離によって現地とのスムーズなやり取りが難しく、国によっては品質の意識が異なることでクオリティに影響がでるケースも少なくありません。

そのため、円滑なやり取りや品質を担保するには、日本人ディレクターやチェッカーのような現地との橋渡しとなる存在が重要です。その分の人件費はかかるものの、大幅な修正や納期遅れなどによる余分なコスト発生を回避でき、安かろう悪かろうで終わらないオフショア開発を実現できます。

スマホ用サイト制作をオフショア開発に委託するデメリットとは

やり取りに手間や時間がかかる

リアルタイムでスムーズにやり取りができる国内への外注と違い、言語の違いや時差のあるオフショア開発だとやり取りにタイムラグが発生する場合があります。それによってお互いの認識にズレが生じたりトラブルへの対応が遅れたりと、やりにくさやストレスを感じることも。日本語のできるブリッジSEや通訳などの採用によって解消できますが、企業によっては国内では発生しないコミュニケーションコストをデメリットに感じる可能性があります。

人材の流出でノウハウが蓄積しにくい

海外ではより良い条件の職場に転職するエンジニアが多く、人材の数や質が安定しにくいデメリットがあります。スマホ用サイトの制作中に人材が流出することで納品が遅れたり、新たな人員追加によって余分な時間やコストが発生したりとオフショア開発ならではのメリットを損ないかねません。スマホ用サイト制作に伴って運用保守も任せたい場合でも、人材が安定しないことでサイトの仕組みや目的の理解がズレてしまう可能性があります。

スマホ用サイト制作におけるオフショア開発の失敗事例

スマホ用サイト制作におけるオフショア開発の失敗事例は見つかりませんでした。

オフショアライド編集部が見る
失敗要因、そしてその横展開方法とは

備えあれば憂いなし…事前の対策が成功への近道

スマホ用サイト制作におけるオフショア開発の失敗事例は見つからなかったものの、考えられる要因としてはオフショア開発ならではのデメリットに対する対策不足があげられます。たとえば海外へのアウトソーシングでは言語の違いや地理的な距離の壁によってコミュニケーションロスに陥りやすいからこそ、事前にやり取りの方法や報告の頻度などを決めておくことが重要です。

人材の流出に対しては、一定期間エンジニアを確保できるラボ契約によって対策が可能。デメリットをしっかり踏まえたうえで事前に対策を検討することが、オフショア開発成功のカギを握っています。

新たな出会いを生むオフショア開発の可能性

星の数ほどサイトがあるインターネットにおいて、どれだけ優れた商品やサービスを紹介していても人の目に触れないことには意味がありません。普及率の高いスマホでスムーズに閲覧できるスマホ用サイトは新たな顧客創出に必要不可欠であり、市場開拓やビジネスの拡大にも重要な役割を担っています。オフショア開発であれば国内への外注よりもコストを抑えてスマホ用サイトを制作できるほか、制作期間の短縮化により早いスタートアップの実現が可能に。オフショア開発の導入が新たな顧客との出会いをはじめ、企業やビジネスの成長を後押しする追い風となるかもしれません。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE