オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » シンガポールのオフショア開発事情 » シンガポールのオフショア開発のメリット

シンガポールのオフショア開発のメリット

マリーナベイサンズ

シンガポールでオフショア開発を行なうメリット

近隣国へのオフショア開発の拠点となる

経済発展にともなう人件費や家賃の高騰などから、今やオフショア開発の対象国とは言えないシンガポール。世界中の経済情報が集まるなど、もはやアジア経済の中心的な役割を担う一エリアにもなりつつあります。

だからこそ、シンガポールは近隣のベトナムやフィリピンなどへのオフショア開発を行うには絶好の場所。日本企業の中には、東南アジアへのオフショア開発の活動拠点として、シンガポールを選んだところもあるようです。地の利を活かした賢い戦略です。

対外貿易に対して寛容な経済政策

国土が小さく市場規模も小さいシンガポールは、その経済発展の源を国外に求めるべく、対外貿易に対して寛容な経済政策を推進しています。また、多くの国外企業がシンガポールに拠点を作っている理由は、法人税を始めとする様々な優遇税制があると言われています。

世界189カ国を対象にした世界銀行の調査によると、世界でもっとも対外貿易に熱心な国がシンガポール。国際競争力を高めるための独自のビジネスモデルを、国を上げて推進中です。

約束を守る国民性

同じく世界銀行の調査によると、シンガポールは「契約の強制性」という項目において世界1位を獲得しています。約束したことは必ず守る、という国民性がビジネスの世界にも現れているのでしょう。

オフショア開発の対象となる国の中には、契約以前に、時間を守れないビジネスマンも少なくありません。約束を大切にする日本人だからこそ、シンガポールが相手であれば、ストレスなくお付き合いをしていくことができるでしょう。

シンガポールでのオフショア開発を考察

今や日本と同程度の人件費相場となっているシンガポール。他国に比べ、いかにクオリティの高い仕事を提供してくれるとは言え、オフショア開発の対象国とするには、コスト以外の部分に価値を見出す必要がありそうです。

他の東南アジア諸国と地理的に近いことや、各種の税制優遇制度などを活かし、オフショア戦略の拠点としてシンガポールを利用したほうが良いかも知れません。

シンガポールのオフショア開発事情をもっと知る

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE