オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » その課題、オフショア開発向き?不向き?

その課題、オフショア開発向き?不向き?

会議

コスト削減、人材確保…新しく開発・制作を行う際には、様々な課題が生まれます。その解決策の一つとなるのがオフショア開発ですが、万能な解決策は存在しないもの。オフショア開発が有効な手段となり得るのか、課題別にまとめました。

開発コストを削減したい

プロジェクトごとで吟味する必要がある

開発コストの削減は、オフショア開発最大のメリットの一つです。ただし、もちろんすべてのプロジェクトで確実にコストカットできるわけではありません。現在人気がある委託先の国であっても、その国の経済成長とともに賃金は上昇傾向にあります。賃金の安い国を見定めて、オフショア開発ならではのコミュニケーションコストなども踏まえた上で、本当にコストが削減できるのかどうかを検討しましょう。開発を委託する業種や契約形式によってもコストが変動するので、人件費以外の要因も含めて、プロジェクト全体で考える必要があります。

エンジニアの採用が難しい

新興国で優秀な人材が育ってきている今がチャンス

日本のIT人材不足が叫ばれる現状、オフショア開発は人材確保という課題を解決する有効な手段となっています。近年では新興国でも国を挙げてIT技術の向上に力を入れており、優秀な人材が育ってきています。同じレベルの技術者を雇用する場合、日本国内で探すよりも海外で採用した方がコストを抑えられます。特にインドや中国からは世界レベルのIT企業も生まれるなど、非常に技術力が高くなっており、日本と同等かそれ以上レベルの開発を行える可能性が高いでしょう。

採用

小規模なプロジェクトを委託したい

規模が小さいとオフショア開発のうまみは感じにくい

小規模・単発のプロジェクトではあまりオフショア開発の効果を感じられないかもしれません。オフショア開発の場合、通常の人件費に加えて間に入るブリッジSEの人件費がかかるほか、依頼側にも管理コストがかかってしまうので、小規模なプロジェクトでは削減できるコストと追加でかかるコストが釣り合わない可能性があるのです。この課題の解決策としてより適切かもしれないのは、海外ではなく、国内の賃金が安い地方で行うニアショア開発という手段。オフショア開発企業を行っている企業の中にはニアショア拠点を持っているところもあるので、比較検討することをオススメします。

とにかく大量生産したい

低単価の作業と人件費の安さが好相性

ゲーム用にイラストを大量生産したい、営業用の大量のデータ入力業務をアウトソーシングしたい、という場合には、オフショア開発が有効です。安い人件費で多くの人材を雇用することで、大量生産を実現できます。また、データ入力のような単価の安い単純作業を外部委託することにより、依頼企業側はデータ分析など本質的な業務にあてる時間が増えて、利益を増やせるという効果も期待できます。大量生産が必要なのは比較的簡単な作業である場合が多く、賃金が低めな技術力の高くない国に気軽に依頼しやすいといえます。

たくさんのリンゴ

納期を短縮したい

依頼内容やプロジェクト管理次第で実現可能

納期短縮という課題においては、オフショア開発はあまり向いていません。依頼側と現地との間でのやり取りが必要なので、自社開発より時間がかかるでしょう。また、依頼先として一般的な国々には時間にルーズな文化があるところも多く、納期遅れが発生する確率は高くなってしまいます。しっかりとしたプロジェクト管理ができるなら、安い人件費で多数の技術者を確保することで作業スピードを上げることができるかもしれません。

飛行機

品質を上げたい

委託する国を選ぶことで十分期待できる

品質にこだわる場合、一般的にオフショア開発向きではありません。言語や商習慣が違う人々との共同プロジェクトでは、指示の意図を正しく理解してもらうのが難しいことがあるからです。実際、オフショア開発の失敗事例として品質が要件に合うレベルに達していなかったという声はよく聞かれます。ただし、オフショア開発の委託先によって技術力は様々。インドや中国のように技術力の高い国・企業を選べば、オフショア開発でも十分な品質を確保できるでしょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE