オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » 改めて確認しておきたい「システム開発」

改めて確認しておきたい「システム開発」

IT分野でもオフショア開発の活用が進められていますが、そもそもオフショア開発で委託されるシステム開発とはどのような業務なのでしょうか。ここでは改めて、システム開発についての基礎知識を確認し、オフショア開発がどのようにシステム開発へ役立つのか検証しています。

そもそもシステム開発とは?

システム開発とは?

そもそもビジネスにおける「システム」とは、一連の働きの流れや仕事の仕組みを表す言葉であり、「システム開発」とはその流れや仕組みを効率化・簡便化・合理化することで、永続的に様々なメリットを得られるように作り替えることといえるでしょう。

システム開発におけるソフトウェアの価値

例えばシステムを改変する上で具体的なツールとなるものの1つが、ソフトウェアです。現行のソフトウェアを新しいものへ刷新して、操作性や機能性を向上させ、作業効率を増進させられれば、従来通りの作業時間や労働スタイルでも生産力がアップし、また別の人が作業を行っても同じだけの成果を上げられるようになります。

システム開発は専門の会社へ任せる時代

業務で必要なシステムや使用するソフトウェアは多岐にわたりますが、それらの全てを常に自社開発することは、専門の会社を除けば現実的でありません。そこで、専門のスキルやノウハウを持っているシステム開発会社へ業務を委託して、自社のニーズにマッチした新しいシステムやソフトウェアの設計・開発を行ってもらうことになります。

ハードウェアの開発が必要になることも

システムを根本的に改変する場合、新しいソフトウェアに対応した専用機器(ハードウェア)が必要になることもあるでしょう。ただし、ハードウェアの全面交換は新しいソフトウェアだけでなく、既存システムとの互換性や従来業務との親和性も重要になります。

また、自社業務に特化した専用機器を開発してもらう場合、他の会社では修理や部品供給に対応できない可能性もあり、長期的な保守管理についても想定しておくことが必要です。

システム開発を業務委託する際の流れ

どのようなシステムが必要か検討

システム開発を他社へ委託する場合、まずはどのような目的でシステム開発をしたいのかシステム導入で何を得たいのか、具体的に検討することが欠かせません。

新システムを考える時のポイントは現在の問題点

現行システムに何かしらの問題や不満がある場合、新システムではそれらを解決することが重要になります。そのため、現状を正しく認識し、解決・改善方法を模索することが必要です。

業務のシステム化

そもそも業務の仕組みが統一化されておらず、システムがきちんと確立されていない場合、まずは全体の流れを見直して、ベストな仕組みを考えることが先決です。

コストメリットの計算

新システムの導入には多額の開発コストや保守管理のランニングコストもかかるため、新システムで得られるメリットを考慮して、トータルバランスを冷静に考えるようにしましょう。

ソフトウェア開発会社への依頼

自社が必要とするシステムについて具体的な方向性や形がイメージできれば、システム開発会社へ新しいシステムの開発を依頼します。その際、作業の流れを業務フローとしてまとめた上で、どのようなソフトウェアやハードウェアが必要なのか要望書や仕様書を作成します。特に海外企業へ依頼する際は、仕様書の内容が全てになるため、細部まできっちりと確認するようにしてください。

定期チェック

例えばソフトウェアを開発していく上で、実際に業務をする側と、システム開発する側では重視するポイントが異なっているケースも少なくありません。そこで、開発会社の担当責任者とコミュニケーションを取りながら、各開発段階における成果物の内容をチェックしていくことが重要です。

成果物の検査

開発が完了したら、要望通りの機能や条件が正しく満たされているのか自社でもしっかりと検査することが不可欠です。

また、システム開発会社によっては開発完了と同時に開発チームが解散してしまうこともあり、事前の契約で不具合発生時の対応についても取り決めておくようにします。

運用マニュアルの作成

システム変更に当たっては、必ず運用マニュアルの作成を行わなければなりません。運用マニュアルは操作方法だけでなく、トラブル発生時の対処法や注意すべきポイントなどを具体的にまとめて、誰が読んでも同じ成果を得られるようにすることが大切です。

また、緊急時に備えて、システムの保守管理も開発会社へ委託することがありますが、その場合はトラブル発生時の連絡方法や対応について、あらかじめ取り決めておくようにします。

システム開発会社の役目

ユーザー支援

どのようなシステムが必要なのか、現状のシステムをどのように変更することが望ましいのか、既存環境を理解した上でユーザーの立場になって考えることも、システム開発会社の役目です。

システム構成の決定

具体的な方向性や目的が定まってくれば、企業経営者や業務責任者なども交えて、新しいシステム構成について提案します。

新しいシステム構成としては、単にソフトウェアをアップグレードするだけの場合から、一からソフトウェアを開発する場合、専用機器も設計・開発する場合など、様々なパターンが考えられます。

システム開発

システム構成がまとまれば、ユーザーのニーズにマッチした高品質なソフトウェアやハードウェアの開発を行います。

ユーザーサポート

システムが問題なく導入されても、さらなる機能追加やトラブルへの対処が必要になることは珍しくありません。そのため、開発したソフトウェアやハードウェアをユーザーが使用している限り、運用サポートについて責任を負うことも重要です。

システム開発会社の選定ポイント

システム開発会社の業種・業態を確認

一口にシステム開発と言っても、実際に開発する内容は様々です。そのため、例えばホームページ開発を依頼するのか、ITインフラを刷新したいのか、既存設備や装置に対応したアプリケーションの開発が必要なのか、全く新しい製品を開発したいのかなど、目的にベストマッチしたシステム開発会社を選定することが欠かせません。

開発実績・取引実績

それまでにどのようなシステム開発を行ってきたのか、実績を客観的に確認することは不可欠です。特に海外の会社へ委託する場合、日本企業との取引実績があるかどうかもチェックすべきポイントです。

システム開発会社の構造を理解する

システム開発会社は、企業単体で業務を行っている場合から、元請会社がさらにシステムの設計や開発を下請会社へ委託したり、さらに孫請けがそれらの一部を分担したりする場合など、複数のパターンが存在します。

専門性に特化した会社を柔軟に活用することで、成果物の品質を向上させたり、納期を短縮させたりできる可能性がある反面、下請会社が増えるほど開発コストが増大し、連携ミスや下請会社のトラブルが全体に影響するといったリスクも増えていくでしょう。またトラブル発生時の対処も、複数の会社が関わっている場合はややこしくなります。

そのため、基本的には全てを自社開発してくれるシステム開発会社へ業務委託をすることが望ましいでしょう。

人材の質

システム開発を突き詰めていけば、どのような場合でも結局は開発を担当するITエンジニアなど人材の質が重要になります。また、開発者と自社との間でコミュニケーションの要となる人材も大切です。

開発スキルやコミュニケーション能力を備えた上で、さらに信頼できる「人」を選ぶことが肝要です。

企業体質や意識

優れた人材が在籍していても、企業そのものの意識が低ければ自社システムの開発を任せるに値しません。特に、コンプライアンスや情報セキュリティへの意識がしっかりしているかどうかは、後々のリスクにも直結するため重大です。

また、悪質な企業であれば優秀な人材が流出したり、万が一の際にも責任を放棄したりといった恐れがあるため、末永く信頼できそうな会社を選ぶことがシステム開発の成功のカギといえるでしょう。

システム開発にオフショア開発を活用する目的とは?

コスト削減

日本よりも人件費の安い海外の開発会社へシステム開発を委託することで、国内のシステム開発会社へ委託するよりも開発コストを大幅に削減できる可能性があります。特に、大規模な開発になればなるほどエンジニアの数も多くなるため、コストメリットも増大していくと考えられます。

ただし、オフショア開発では仕様書の翻訳料といった諸経費が別途かかる上、人件費の高騰といった環境変化やリスクについても考慮することが必要です。

コスト削減について詳しく見る

工数削減

システム開発を専門的に取り扱う会社であれば、すでに独自のノウハウやベースとなる技術が存在しており、様々な作業もシステム化・効率化されています。

システムの開発環境がすでに整えられている場合、新システムの開発に必要な工数も削減しやすくなり、各種コストの削減や納期短縮といった数多くのメリットも期待できます。

ただし、工数削減が単なる手抜き作業になっては本末転倒なため、品質についても注意しなければなりません。

工数削減について詳しく見る

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE