オフショア開発ガイド » 改めて確認しておきたい「システム開発」 » システム開発における各メンバーの必要スキル

システム開発における各メンバーの必要スキル

   システム開発_メンバースキル

システム開発を行うチームには様々なメンバーが所属しており、それぞれの立場や役割に応じて求められる能力やスキルも異なります。ここでは、一般的なシステム開発における人材の種類や役目、必要な能力や技術について詳しく解説していますので、ぜひとも参考にしてください。

プロジェクトマネージャー(PM)

プロジェクトの総責任者

プロジェクトマネージャー(PM)は、文字通りそのプロジェクトをマネジメントする役目を持った立場の人材です。個々のプロジェクトにおける総合的な責任者ともいえ、クライアントとの打合せはもちろん、プロジェクトの企画や開発計画の提案、予算の算出や人材確保といった、あらゆる内容を管理する責任があります。また、システム開発がスムーズに進むよう常にチーム全体を管理・調整するだけでなく、開発によって生み出される成果物の品質に対して最終的な責任を担うのもプロジェクトマネージャーです。

適切な管理能力でリスクの発生を未然に予防

プロジェクトマネージャーに求められる能力は多岐にわたります。当然ながら、システム開発全体に関する総合的な知識と経験に加え、個々のプロジェクトにとって必要とされる専門知識も重要です。 また、クライアントやチームメンバーと密にコミュニケーションを取って状況を把握しながら、目的に向かって開発が滞りなく進行しているか管理能力も欠かせません。

その他、リスク管理能力も必要です。トラブルが起きた際、速やかに対処することは優れた責任者に必須の能力ですが、真に優れたプロジェクトマネージャーはそもそもトラブルを未然に察知して、その発生を防ぎます。

プロジェクトリーダー(PL)

プロジェクトの一部を管理する責任者

厳密に言えば、プロジェクトリーダー(PL)の業務内容はプロジェクトマネージャーの業務内容と重なります。そのため、小規模案件においてはプロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーが区別されていないケースも少なくありません。

プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの役割が明確に区別されるのは、プロジェクトの規模が大きくなった場合です。

プロジェクトの規模が大きくなるほど、プロジェクトマネージャーの役割も増えていき、単独でカバーすることが難しくなります。そこで、プロジェクトマネージャーの役目を分割して、それぞれの責任者としてプロジェクトリーダーを設定します。

担当領域に応じた管理能力とコミュニケーション能力が必須

当然ながら、プロジェクトリーダーにはまず担当領域に応じた管理能力や専門知識が不可欠です。 例えば、コストを計算する、開発スケジュールを立案をする、必要な人材の手配をする、システム開発の進捗状況を管理するなど、求められる役割に応じて責任を果たすことが求められます。また、担当領域のメンバーだけでなく、プロジェクトマネージャーや他のプロジェクトリーダーと連携しながら、プロジェクトをトータルサポートしていくことも重要です。

サブリーダー(SL)

システム開発における中間管理職

サブリーダー(SL)は、プロジェクトリーダーを補佐する立場にあります。プロジェクトマネージャーが部長、プロジェクトリーダーが課長だとすれば、サブリーダーは係長や主任に当たるかも知れません。

サブリーダーに最も求められる役割は、プロジェクトリーダーから指示を受けて、その内容を実際の開発に反映したり、個々のメンバーへ具体的に指示したりすることです。そのため、サブリーダーはプロジェクトリーダー以上にチームメンバーの個性や特性、能力を把握して、適材適所の指示を行わなければなりません。

開発内容と人材のマッチング能力

サブリーダーには、プロジェクトリーダーからの指示を実現できるよう、最も効率的かつ安全なルートを選択する能力が求められます。

チーム内のメンバーのスキルや得意分野、実績を個々に理解して、どの人材にどの仕事を任せれば良いか判断することも重要です。また、もしも新しいメンバーがチームに入ってきた場合、速やかにその特性を把握して、経験不足を補いながら既存メンバーとスムーズに連携できるようサポートしていくことが求められます。

システムエンジニア(SE)

システム開発全般の工程を担当

システムエンジニア(SE)は、システム開発における要件定義や基本設計、詳細設計、テスト設計など、あらゆる工程を担当するメンバーです。

システムエンジニアは、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーなどの求めに応じて、具体的な仕様書や設計書を作成し、実際にプログラミングを行うプログラマーと連携しながらシステム開発を進めていきます。

必要な要件を確定して仕様を検討

クライアントとの打合せで企画を提案して、プロジェクト全体の方針や目的を決定するのはプロジェクトマネージャーですが、具体的にそれを実現するための「設計書」や「仕様書」を作成するのがシステムエンジニアです。

当然ながら、設計図や仕様書に問題があると、成果物に欠陥が残ったり情報伝達に不備が生じたりするため、信頼できるシステムエンジニアを配置することが大切です。

プログラマー(PG)

プログラミング作業を行うIT分野の職人

プログラマー(PG)は、システムエンジニアがまとめた設計書や仕様書をベースにして、実際にプログラミング(コーディング)を行う技術者あり、IT分野の職人といえるでしょう。 また、プログラムの単体テストや総合テストを行って、バグを発見し修正していくこともプログラマーの役目です。

必要なプログラミング言語能力とシステムへの理解力

まず、プログラマーにはプロジェクトの内容に応じたプログラミング言語スキルが欠かせません。

プログラミング言語には様々な種類と特性があり、目的にマッチしたプログラムを作成できるプログラマーがいなければ、そもそもシステム開発が成立しません。また、システムエンジニアとコミュニケーションを取りながら、最適なプログラミングを行ってバグの発生や脆弱性といったリスクを回避する能力も大切です。

オフショア開発で特有のブリッジSEとは

日本と海外をつなげるオフショア開発の要

ブリッジSEは、海外と日本のチーム間で橋渡しとなるシステムエンジニアです。

オフショア開発では、言語も文化も働き方も異なる海外の開発チームと密接に連携しながら、日本からのニーズを過不足なく伝達して開発状況を管理することが欠かせません。そのため、優れたブリッジSEの存在こそ、オフショア開発成功への橋ともいえるでしょう。

ブリッジSEについてをもっと詳しく見る

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE