オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » ベトナムのオフショア開発事情

ベトナムのオフショア開発事情

ベトナム

オフショア開発選びのポイント

日本との実績や関係

オフショア開発を行う拠点を選ぶ際、日本企業との関係性や過去の取引実績は外せないポイントです。その点、近年はオフショア開発拠点として人気だった中国から、ベトナムへ拠点を移す国内企業が急増しており、大手広告代理店やアプリ開発会社、大手証券会社などいくつもの企業にとって、ベトナムは欠かすことのできないオフショア開発国となっています。

また、ベトナムは国策としても日本との連携強化を進めており、日本のODAと連携したITエンジニア育成プログラムを実施する大学が増加している点も見逃せません。

エンジニアの質と量

実際にプロジェクトを委託する上で、エンジニアの人数がきちんと確保できるのかという点も重要です。ベトナムのソフトウェア開発の歴史はそこまで長くないものの、ベトナムでは官民が協力して、理系大学出身者や学生を対象にITエンジニアとしての就職をサポートしており、国内のエンジニア数は右肩上がりに伸びています。

もちろん、エンジニアの質も大きなポイントです。ベトナム人はもともとが勤勉で勉強熱心な国民性を持つとされていますが、さらにハノイ工科大学などの教育機関が専門性の高い教育を実践することで、優秀な若手エンジニアが数多く育成されています。

日本との親和性

日本企業の商習慣や体質へ理解があり、国民の気質が日本人エンジニアの働き方に近い国を選ぶことも大切です。また、日本に縁のある人がたくさん所属している会社も重要でしょう。その上で、まずベトナムは東南アジアでも親日国の1つとされており、日本語教育や日本への留学なども盛んに行われています。

しかも、新しいことに意欲を持って学ぶベトナム人の性格は日本人と相性が良く、時差が少なくて習慣的に出勤時間も早いため、日本国内との連携が取りやすいことは魅力です。加えて、ベトナムでは大型連休が少ないため、日本の開発スケジュールにマッチさせやすいことも特徴です。

ベトナムにおけるオフショア開発の得意とする業種&オススメ企業

EVOLABLE ASIA CO., LTD.

EVOLABLE ASIA CO., LTD.
引用元:EVOLABLE ASIA CO., LTD.
(https://evolable.asia/)

EVOLABLE ASIA CO., LTD.は日本の株式会社エボラブルアジアの子会社で、ベトナムを中心としてオフショア開発事業を行っています。ベトナムに4つの拠点があり、他にもアメリカやシンガポール、日本で事業を展開しています。システム開発やゲーム開発、Webサイト制作などを手掛ける企業です。

社名 EVOLABLE ASIA CO., LTD.
所在地 7F Dongnhan Office Building, 90 Nguyen Dinh Chieu Street, Da Kao Ward, District 1, Ho Chi Minh City, Viet Nam
代表者 薛 悠司
設立年 2012年
従業員数 1,000人
日本語技術者の在籍数 120人以上

EVOLABLE ASIA CO., LTD.の公式HPでさらに詳しく

FPT Software Company

FPT Software Company
引用元:FPT Software Company
(https://www.fpt-software.jp/)

世界各地に活動拠点があり15,000人もの豊富な人材を抱えるFPT Software Company。全ての従業員が英語を扱え、そのうち4,000人以上は日本語もできる高い語学力を持つのが特徴です。システム開発・運用やビッグデータ分析、エンジニアリングサービスなどさまざまな業務を手掛けます。

社名 FPT Software Company
所在地 ベトナム、ハノイ
代表者 Hoang Nam Tien
Pham Minh Tuan
設立年 1999年
従業員数 15,000人
日本語技術者の在籍数 4,000人

FPT Software Companyの公式HPでさらに詳しく

株式会社アイディーエス

株式会社アイディーエス
引用元:株式会社アイディーエス
(https://www.ids.co.jp/)

「質の良いサービスの提供」にこだわり、高い顧客満足度を求めることを理念として掲げている株式会社アイディーエス。東京都にあるシステム開発会社で、ベトナムにある子会社にてオフショア開発を行っています。日本企業に特化したラボ型開発が得意で、システム開発やシステムエンジニアリングサービス、Webサイト構築などを請け負います。

社名 株式会社アイディーエス
所在地 東京都港区三田3-2-8 Net.2三田ビル2F
IDS Vietnam Co., Ltd:Floor 2, NTA Building, 171-173 Dien Bien Phu Street, Da Kao Ward, District 1, Ho Chi Minh City
代表者 中野 貴志
設立年 1996年
従業員数 113人
日本語技術者の在籍数 不明

株式会社アイディーエスの公式HPでさらに詳しく

Japan Quality Co., Ltd

Japan Quality Co., Ltd
引用元:Japan Quality Co., Ltd
(http://www.japanquality.asia/)

Japan Quality Co., Ltdはベトナムのダナンでオフショア開発を行っている会社です。品質検証やテスティングが得意で、コストを抑えながらも日本水準の品質テストが行えます。運用自動化サービス「Lynx」、売り上げ支援サービス「EMOLOG-emotion log-」は彼らの一押しサービスです。

社名 Japan Quality Co., Ltd
所在地 16F, Software Park, 02-Quang Trung, Thach Thang, Hai Chau, Da Nang City, VIETNAM
代表者 伊藤 仁
設立年 2015年
従業員数 32人
日本語技術者の在籍数 不明

Japan Quality Co., Ltdの公式HPでさらに詳しく

株式会社スクーティー

株式会社スクーティー
引用元:株式会社スクーティー
(http://www.scuti.jp/)

株式会社スクーティーはベトナムのハノイにあり、PHPに特化した開発を行う会社です。ラボ型開発や受託型開発が可能で、ベトナム進出のサポートも行ってくれます。ラボ契約の場合、契約期間に応じて無料のお試し体験もできるのが特徴です。

社名 株式会社スクーティー
所在地 福岡市中央区大名2-4-22 新日本ビル3階
29 Floor, Aprt. A2903 - Ecolife Tay Ho building, Xuan La street, Tay Ho district, Ha Noi city, Vietnam
代表者 掛谷 知秀
設立年 2015年
従業員数 不明
日本語技術者の在籍数 1人

株式会社スクーティーの公式HPでさらに詳しく

ベトナムの街並み

ベトナムでのオフショア開発を得意とする企業をもっと見る

ベトナムにおけるオフショア開発の特徴

エンジニアとしてのスキルが高い

ベトナムはとても理数系に強い国。エンジニアは大学でしっかりとプログラミングを学んでいる場合が多く、新卒の段階で既に一定のスキルを持っています。ゼロから教える手間も省け、すぐに即戦力として活躍できるベトナム人。勉強熱心なのでわからないことに出会うと積極的に学ぶ姿勢を見せ、どんどんスキルを吸収していきます。

また、そもそも勤勉な国民性に加えて、ベトナムが国策としてIT教育を推進し、年間9000人がIT系学部を卒業している点も大きなポイントでしょう。

さらに、日本との関係が深く、日本のODAと連携したブリッジSE育成プログラム(HED SPI)を実施する大学も現れています。 その他、ベトナム科学技術省・教育訓練省・ベトナムソフトウェア協会(VINASA)などが官民一体となって、大学で数学や物理学の履修経験を持つ理系大学出身者を対象とした、IT専門の再教育やIT業界への就職プログラムに力を入れています。なお、2020年にはベトナム国内のIT技術者を60万人に増やすことが目標とされており、その動向も要チェックです。

参考サイト:独立行政法人労働政策研究・研修機構/ハノイ工科大学における HEDSPI プロジェクトの概要と課題

言葉の壁が薄い

ベトナムは親日国なので、日本語を扱える人も他のアジア諸国に比べると多く存在します。ハノイ工科大学やベトナム国家大学などいくつかの大学のIT学部では、日本語教育が行われているため、日本語を扱えるエンジニアは今後ますます増えていくことでしょう。言葉が通じるとコミュニケーションも取りやすいので、業務上におけるやり取りミスの削減にもつながります。

国の制度としての魅力

ベトナムは中国と同様に一党独裁の社会主義国家で、政治体系も官僚的です。しかし、近代化に合わせて進められた法整備では日本が多大な影響を与えており、先進国への理解や海外との協調性も重視されています。

実際、例えば新設された外資系企業がIT分野へ投資する際、法人所得税(CIT)を減免する税制上の優遇措置が整えられています。

これにより、創設から4年間はCIT全額免除、その後もさらに9年間は50%減免が維持されるため、オフショア開発を考える企業にとっては非常に魅力的なポイントです。また、経済特区ではプロジェクトのインフラ開発に対して、様々な支援制度が用意されていることも無視できません。

参考サイト:独立行政法人日本貿易振興機構/ベトナム(税制)

ベトナムにおけるオフショア開発の風土・国民性

注意するときは1対1の場面でなければいけない?

ベトナム人は高いプライドを持ちます。叱る時は注意が必要で、決して大勢の人の前で叱ってはいけません。しかし、自分の能力が褒められると非常に喜ぶのでさらに頑張りを見せることが期待されるでしょう。高いプライドを保つためなのでしょうか、「向学心旺盛」な国民性を持つベトナム人。新しい知識やスキルを積極的に身に付けようとするので優秀な人材も多いです。

ベトナムの風土や国民性
についてさらに詳しく

ベトナムにおけるオフショア開発の人件費相場とは

ベトナムの月額賃金は5万円前後

ベトナム人の月額賃金は、オフショア開発が盛んな首都ハノイで約4.6万円。都市によって賃金に多少の差はありますが、4万~5万円であることが一般的です。優秀な人材が多くインフラ整備もある程度整っている環境を考えると非常にコスパが良いといえるでしょう。しかし年々賃金が引き上げ傾向にあるので、今後もますますの高騰が予測されています。

ベトナムの市場

ベトナムにおけるオフショア開発のメリット

物理的距離・心理的距離の近さ

日本からすると、インドやタイよりもベトナムの方が距離が近く、時差も2時間しかありません。このくらいの時差なら生活リズムもあまり変わらないので、仕事上のやり取りにもあまり空き時間が生まれません。また、日本人に似て真面目な性格であり日本に対して友好的な人が多いので、共に仕事をする、仕事を依頼する相手としてはやりやすいでしょう。

仕事を頼みやすい環境

ベトナムのエンジニアはベトナム語、英語、日本語を扱える人が他の国に比べて多いので、業務上での指示ややり取りをスムーズに行えます。また、祝日の日数はアジアで最も少なく10日しかありません。与えられた仕事はしっかりとこなす国民性を持つので、出勤日数が多いからといって日々の仕事に手を抜くことはなく、質の高い仕事をしてくれることでしょう。

ベトナムの通勤ラッシュ

ベトナムにおけるオフショア開発の
メリットについてさらに詳しく

ベトナムにおけるオフショア開発の成功事例

円滑なコミュニケーションによって長期的な関係に

オフショア開発を検討しながらも、そこで働く人や環境が見えないことに最初は不安を感じていたA社。色々と情報を集め、最終的にはベトナムのある企業に依頼することに。結果、依頼した企業は日本語や日本文化の教育に力を入れており、日常的にコミュニケーションの取りやすい環境。また、責任を持って納期を守るベトナム人の真面目な働きぶりにA社は感心しました。これからも長期的に取引を続けていくようです。

オフショアライド編集部が見る
成功要因、そしてその横展開方法とは

日本教育を積極的に行う企業を選んだことが正解

もともと親日国であり日本語を扱える人が多いベトナムですが、今回の事例での委託先は会社が従業員に日本語や日本の文化についての教育を行っていました。円滑なコミュニケーションが取れると、お互いあまりストレスを感じず仕事を行えます。相手の文化を理解することや言葉の通じやすさは、継続的な取引にもつながるのでしょう。

ベトナムにおけるオフショア開発のデメリット

ベトナム独自の働き方

ベトナム人は家庭をとても大切にしているため、家族と過ごす時間を削ってまで残業はしません。日本人のように残業は当たり前、という感覚ではないので仕事を振るときは注意しましょう。また、毎年2月ごろはベトナムの旧正月にあたり、全国民が1週間から10日近く一斉に休みにはいります。2月の営業日はかなり少なくなってしまうことを頭に入れておきましょう。

優秀な人材は獲得競争が過熱

オフショア開発先として人気なベトナムは、国の経済成長率も年々上昇しています。毎年5~6万人の技術者が輩出されていますが、優秀な人材の獲得は過熱しており困難な状況。給与水準も年々上昇傾向にあり、2019年1月1日からは昨年よりもも5.3%賃金が引き上げられました。オフショア開発における人件費も今後、今以上に上昇することが考えられます。

ベトナムにおけるオフショア開発の
デメリットについてさらに詳しく

ベトナムにおけるオフショア開発の失敗事例

残業はダメ。叱るのもダメ。

ベトナムで現地法人を設立すると税制面で免除を受けられることを知り、オフショア開発に乗り出したB社。人件費節約のため現地のエンジニアを集めて開発を勧めましたが、日本とベトナムの働き方の違いに頭を悩ませます。ある程度の残業もしてくれず、大勢の前で叱れば嫌われ、次第に現地エンジニアは辞めていってしまい数年後B社はベトナムから撤退しました。

オフショアライド編集部が見る
失敗要因、そしてその横展開方法とは

安易に現地法人を設立するのは危険

ベトナムと日本は似ているところが多いと言われますが、だからといって日本のやり方が通用すると思ってはいけません。彼らの国民性に合わせたコミュニケーションを取ることが必須です。ベトナムは離職率が15~20%とそれなりに高いので、今回の事例のようにベトナム人のライフスタイルに合わせないやり方ではすぐに辞めていってしまいます。その地域の働き方は、そこで実際に活躍している人が一番知っているもの。本当にコストを抑えた開発がしたいのなら、税の免除につられて現地法人を設立するのではなく、ベンダーに依頼してその道のプロに任せた方が安全かもしれません。

ベトナムのオフショア開発で失敗する要因について詳しく☞

ベトナムの船着き場

共通点の多いベトナムで生まれる新たな出会い

近年グングンと経済成長をとげているベトナム。オフショア開発先としても人気で、今後も優秀な人材が次々と輩出されていくことが期待できます。日本とベトナムには、縦長な国土、米食文化、中国の漢字が言語の由来であることなど、たくさんの共通点があります。真面目な人柄は日本人と通じるところがあり、どこか親近感が感じられるでしょう。日本についてよく学び、日本好きな人が多いベトナムで、いったいどんな素敵な出会いが待っているのでしょうか?

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE