オフショア開発ガイド » ベトナムのオフショア開発事情 » ベトナムの風土や国民性

ベトナムの風土や国民性による働き方の違い

ベトナムイメージ

オフショア開発の拠点としてベトナムの人気が高まっていますが、日本とベトナムではそもそも歴史や文化が異なっており、必然的にエンジニアの働き方や仕事観にも日本人とベトナム人では違いがあります。ベトナムでのオフショア開発を成功させるために、まずはベトナムの風土やベトナム人の国民性について理解しておきましょう。

日本とベトナムの働き方の違い

家族や人のつながりを重視するベトナム人

ベトナム人に一般的に見られる国民性として、親や兄弟などの家族を大事にし、他人への警戒心は強いということが挙げられます。

そもそも、ベトナム人には「家族を養うために仕事をしている」という意識が強く、「家庭を犠牲にしてまで仕事をする」ことは本末転倒だと考えている人が少なくありません。そのため、根本的に残業や休日出勤をしてまで会社に貢献するというスタイルは通用しづらいでしょう。

ただし、その一方でベトナム人には会社や同僚も1つの家族として見る傾向もあり、現地のブリッジSEなどが日頃からコミュニケーションを取って互いの信頼関係を築いていれば、いざという時はとても頼りになるという点もベトナム人の特徴です。

ベトナム人の仕事観ではまず「給料」

ベトナム人にとって会社や職場を選ぶ最初の基準が、「給料」であるとされています。

この理由としては、根本的に時間外労働を行わず、また仕事内容と給与額のバランスを冷静に判断していることが挙げられるでしょう。

つまり、ベトナム人はまず給料が良いか悪いかで就職先を選択し、実際に働いてみて給与額が仕事内容に見合っていないと考えれば、すぐに転職を考える人も少なくありません。言い換えれば、長期的・計画的に物事を進めるよりも、どちらかと言えば行き当たりばったりで行動してしまう傾向があります。

また、場合によっては作業ノルマが完了していなくても、終業時刻になったからと放棄して帰宅してしまう人もいます。そのため、きちんとコミュニケーション方法を確立しておかなければ、報連相がおろそかになって後々に大きなトラブルになってしまうかも知れません。

ただし、日本人にとって無責任にも思えるベトナム人ですが、自分が興味を持ったことに対しては積極的に学ぶ性質もあり、仕事が終わってからキャリアアップのための勉強をしている人も珍しくありません。また、そのような人はどんどんと知識や経験を吸収して、成長していく傾向もあります。

ベトナムとの時差はオフショア開発に影響するのか

日本とベトナムの時差は実際よりも少ない?

ベトナムと日本では、およそ2時間程度の時差があり、日本の方がその分だけ早くなっています。

しかし、ベトナム人は朝早くから活動する人が多く、始業時間を朝8時に設定している会社や、朝7時の時点では出社しているベトナム人も珍しくありません。

そのため、仮に日本国内の企業の始業時間が朝9時だとすれば、差し引き誤差は1時間程度となり、オフショア開発に対する影響もそこまで大きくないといえるでしょう。 また、赤道に近いベトナムでは一年を通して季節の変動が少なく、サマータイムのような時間変更もありません。

オフショア開発でトラブルになりやすい休日の違い

ベトナム人にとって長期休暇は非常に重要

ベトナムの祝日は日本よりも少なく、ゴールデンウィークやお盆のような長期休暇も基本的にありません。そのため、日本企業にとってはありがたい国であるといえます。

ただし、ベトナムでは1月下旬から2月上旬の、いわゆる日本の旧正月に当たる時期がお正月(テト)となっており、その期間中は大半のベトナム人が長期休暇を取ります。

普段あまり休めないベトナム人にとって、テトはとても重要な休日であり、テトの前にベトナム人エンジニアをどれだけケアして、仕事に対するモチベーションや会社への好感度を高められるかが、長期的にベトナムでオフショア開発を成功させるポイントの1つといえるでしょう。

ベトナム人エンジニアの技術力

IT技術を教える学校も多い

ベトナムは政府がIT人材の成長と増加を後押ししており、大学でプログラミングの基礎を学んでいる若者もたくさんいます。そのため、新卒者でもある程度の基礎はできていると考えられるでしょう。 しかし、ベトナムではアップル社のMacやiPhoneが高級品ということもあり、一般的にはWindowsがメインとなっています。そのため、日本企業にとってはプロジェクトの目的と人材のマッチングが重要です。

言語力には期待できる?

ベトナムの公用語はベトナム語ですが、IT分野や国際市場への進出が意識されているので英語教育も進んでいます。そのため、ベトナム人エンジニアは英語スキルの高い人材が多いことも特徴です。 また、日本からのODAによって日本語スキルを備えたITエンジニアの育成も行われており、日本語を充分に理解できる人材が見つかる可能性もあります。

ただし、言葉を理解できても、きちんと報告や相談を行ってもらえるかどうか分からないため、何よりもコミュニケーションを取っていくことが必要です。

品質管理には日本人による管理も重要

基礎力と言語力があったとしても、それをプロジェクトへ活かすためには各エンジニアの能力がしっかりと管理されていなければなりません。 発展途上にあるベトナムでは、知識はあってもプロジェクトの一員として働く経験が不足しているエンジニアもおり、少なくとも最初の段階は日本人ブリッジSEなどによる教育や管理が必要です。

ベトナム人エンジニアの給料

将来的に人件費高騰の可能性も?

オフショア開発において、現地の人件費相場は最重要ポイントの1つですが、日本と比べてベトナムはまだまだ低賃金が基本です。

ただし、例えばベトナム人全体の平均月収が3万円程度とされる一方、ベトナムのIT関連業種で最も高収入とされるブロックチェーンのエンジニアの平均月収では約22万円程度と、圧倒的な差があることも重要です。

つまり、ベトナム人の若者にとってIT分野は明らかにチャンスであり、さらに優れたエンジニアの育成が官民一体となって行われています。また、近年はGDPも5~7%で安定成長を続けています。

このように、ベトナムはまさしく現在進行形で成長を続けている国であり、将来的にはベトナム人エンジニアの人件費が高騰していく可能性は充分に考えられるでしょう。 とはいえ、現時点では4万~6万円程度で働いているエンジニアも多く、オフショア開発の拠点として魅力的なことに違いはありません。

まとめ

ベトナム人は一見すれば短絡的で無責任なようにも思えますが、実は人生や日々の生活における優先順位がはっきりしているだけで、とても分かりやすい国民性だともいえます。また、家族を大切にして他人に対してはドライなベトナム人ですが、本当に信頼した相手のためには力を尽くしてくれることも彼らの魅力です。

あくまでも日本人とは違うという点を忘れず、ベトナム人の働き方や仕事観を理解した上で、積極的なコミュニケーションと事前の対処を意識していけば、オフショア開発で十二分に力を発揮してくれることも期待できます。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE