オフショア開発ガイド

sponsored by コリン

オフショア開発ガイド » ベトナムのオフショア開発事情 » ベトナムのオフショア開発のデメリット

ベトナムのオフショア開発のデメリット

ベトナムの船着き場

オフショア開発を行う場合、ベトナムは非常に人気があります。その中では多くのメリットがありますが、その反面様々な問題が起こる場合も。そこでどのようなデメリットが考えられるのか、そしてデメリットを回避するためには、あらかじめどんな対策が必要なのか考えてみましょう。

ベトナムでオフショア開発を行なうデメリット

まず、ベトナムでオフショア開発を行なう場合に考えられるデメリットをご紹介します。

コミュニケーションがうまくいかない場合がある

ベトナムは親日家が多く、日本語を理解する人が多いと言われていますが、開発においては細かいニュアンスまでうまく伝わらないと、予定通りのシステム開発が難しくなります。日本語を理解する人が多いからといって、必ずしも細かいコミュニケーションができるとは限りません。

人材確保に関する競争率が高い

ベトナムは優秀なエンジニアを輩出している国であることから、多くの企業がベトナムでの開発を行っています。仕事が急増したことにより、優秀な人材を確保する工夫が必要となることもあるでしょう。

文化の違いや意識不足により納期・品質管理が難しい

はじめのうちは、日本と異なる文化に戸惑うことがあるかもしれません。例えば納期管理の問題。日本であれば納期についてはきっちり守るという意識が自然と根付いていますが、他の国に行くとそれが当たり前ではないことがあります。時には納期管理について頭を悩ませることがあるかもしれません。

デメリットを回避するために押さえたいポイント

上記に挙げたようなデメリットを回避するためには、日本で生活したことがあり、日本の文化を理解している外国人開発車、いわゆる「ブリッジSE」を立てることが有効です。この体制でコミュニケーションを取ることで日本側の意図も伝わりやすくなりますし、現地のエンジニアも日本のソフト開発について徐々に理解を深めていくことができます。

ベトナム人のファミリー意識を理解する

ベトナム人に特徴的な傾向として、指示待ちスタイルになりがちという点と、会社を「家」や「家族」のように考えるという点が挙げられます。例えば、彼らは「家長」ともいうべき会社やチームの責任者から指示をされなければ、なかなか率先して行動しないという特徴があります。

しかしその一方で、ベトナム人は社員同士で旅行したり休日を過ごしたりと、まるでファミリーのように親密な関係を望む傾向があり、これは周辺国とも大きく異なる特徴です。そのため、オフショア開発でベトナム人とコミュニケーションを深めていく際は、仕事とプライベートを完全に分けてしまうのでなく、チーム内でキーパーソンとなる人間を中心に、彼らとの心の交流を大切にしていくようにしましょう。

品質への意識を高く持つ

オフショア開発では、製品の完成度について100%を期待するのでなく、ある程度の妥協も必要といわれがちです。確かに、全体的に大らかな国民性を持つ国や、仕事よりも人生の楽しみこそを優先する気質の外国人では、日本人が期待するほど仕事に対してこだわりを持っていないことも少なくありません。

しかし、だからといって日本側も最初からある程度のレベルで仕方がないと諦めていては、納品される成果物の質は良くなるどころか、むしろさらに悪くなっていってしまいます。どのような国の人々であれ、経験を積んでいけば実力は伸びていき、また信頼関係があれば日本側の要望にも応えようとしてくれます。

結果的に期待通りのレベルに達していなかったとしても、常に日本側からは高い目的意識と敬意を持って、ベトナム人と接していくことが必要です。

時には衝突を恐れない

仕様書の書き方を工夫したり、報告システムや会議の方法について見直したりと、情報共有をスムーズにできるよう努めることは欠かせません。ですが、時には希望通りの成果が上げられていなかったり、適切な報告が行われなかったりといったトラブルが起こることもあります。

その時、相手との衝突や事態の悪化を恐れて、問題を先送りしたり日本側で解決してしまったりすることは本末転倒であり、また現地チームの成長や次のトラブル予防にもつながりません。確かに、日本人は相手に問題があると伝えることが苦手とされていますが、むしろ具体的に要望を伝えることが、長い目で見れば互いの利益や成長につながっていくと理解しておきましょう。

他の国と比べながら考察

近年急激に人気が高まっているベトナム。同様にオフショア開発先として人気のマレーシアなどに比べると英語を理解しているエンジニアが少ないという点があります。しかし、よく言われるのが「真面目で勤勉」という国民性。

中でもエンジニアの場合は、能力によって明確に給与に差が出るため、高度な技術を身につけようという意識も高いと言えます。国を挙げて優秀なIT人材を輩出している点は、やはり魅力が大きいと言えます。

まとめ

オフショア開発をベトナムで行うにあたり、考えられるデメリットと回避するための対策をご紹介しました。しかしながら、やはりオフショア開発を行うことについては大きなメリットがあります。そのため、開発について悩みを抱えているのであれば、オフショア開発を検討してみてはいかがでしょうか。

ベトナムのオフショア開発事情をもっと知る

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE